2月7日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 2月7日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2020年2月7日

2月7日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

 

◎昨日の注目点

 

・新型コロナウイルスによるリスクオフの後退から日経平均600円超の上昇

・中国政府が米製品の輸入関税を一部引き下げることを発表

・「独・仏・EU当局者は金融危機後に成立させた第2次金融商品市場指令(MiFID2)のうち、英国に譲歩した部分の修正を検討」がロンドン金融機関の懸念となりポンド売り

・株価は堅調でリスクオン相場、為替はリスクオンの流れに引っ張られはしたものの雇用統計を控えて小動き

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


2月7日7:00時点

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

2月7日7:00時点

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 ラッセル2000日足チャート

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事
「仮想通貨は金融安定にリスクをもたらす恐れ」
「ビットコインを使用した違法行為は大きな問題」

モリソン豪首相
新型コロナウイルスは経済に著しい影響を与えるだろう

政井日銀審議委員
「物価モメンタムが棄損ならば、躊躇なく追加緩和」
「海外起点の下振れリスク、幾分低下したものの依然として大きい

ラガルドECB総裁
低金利と低インフレにより、ECBや各国中銀の緩和政策余地は著しく低下
「ユーロ圏経済、見通しにほぼ沿った形で緩やかながら拡大」
「域内経済は比較的に耐性があるものの、対外要因が成長を圧迫」
「賃金上昇の物価への波及は遅れており、インフレ動向は抑制されている」
ユーロ圏、金融政策による支援は引き続き必要

トラス英国際貿易相
「EUによって課せられている複雑な関税から抜け出すことが重要
「21年1月から施行する英国にとってより良い関税制度を作成中

中国政府
湖北省以外の地域に秩序ある方法で通常生産の再開を求める
「石油、ガス、石炭などの燃料供給を確実にする」

武漢市副市長
「すべての武漢市民は1日1回の体温の報告をしなければならない
「医療スタッフが多数不足」
「楽観的に見ても医療スタッフは2250人不足している」
「ウイルスのテスト道具は十分だが、スタッフが不足していてテストやサンプルを集めることができない」

ムニューシン米財務長官
「コロナウイルスの感染拡大で、現時点では中国のサプライチェーンが大きな問題とはなっていない」
「米国はボーイングのせいで今年の3%成長は見込めない」

習近平・中国国家主席
「諸外国は旅行に関して国際保健機構(WHO)のガイダンス通りに従ってくれることを期待している」
「中国は公共の健康に対応したたくさんの経験がある」

カプラン米ダラス連銀総裁
「今年のGDPは2.25%成長と予測」

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND