いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

2018年10月1日の記録室 ~要人発言と長期金利~

  ◎昨日の注目点   ・イタリア予算案懸念から長期金利上昇、ユーロ安 ・新興国懸念後退、新興国長期金利が落ち着き リスクオン相場、円安・フラン安 ・世界的株高 先週に続きカナダ高         ◎昨日の主要通貨強弱グラフ     10月2日6:00時点         ◎世界の株価   10月2日6:00時点       ◎各国長期金利   米10年債利回りチャート     日10年債利回りチャート     ドイツ10年債利回りチャート     イタリア10年債利回りチャート     スペイン10年債利回りチャート     ギリシャ10年債利回りチャート     イギリス10年債利回りチャート     フランス10年債利回りチャート     トルコ10年債利回りチャート     南ア10年債利回りチャート     ブラジル10年債利回りチャート     メキシコ10年債利回りチャート     カナダ10年債利回りチャート         ◎昨日の要人発言   サンダース米大統領報道官 「午前11時(日本時間0時)に、トランプ米大統領が、米・メキシコ・カナダ協定(USMCA)に関する見解を表明する予定」 ロス米商務長官 「カナダとメキシコに対する鉄鋼関税撤廃の予定はない」 「新しい米・メキシコ・カナダ協定(USMCA)は、米国の勝利 「古い協定の北米自由貿易協定(NAFTA)存続は、選択肢にない」 ビデガライ・メキシコ外相 「USMCA(米・メキシコ・カナダ協定による新協定)締結前に鉄鋼・アルミニウムに関する対米通商問題が解決すること望む」 ラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事 IMFは世界経済見通しを下方修正へ トランプ米大統領 「メキシコとカナダとの取引は最も重要な貿易取引」 「すぐにアイオワを訪問する」 「NAFTA再交渉を約束する」 中国との通商協議は時期尚早 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁 「米経済は関税の影響を受けていないようだ」 トルドー・カナダ首相 NAFTAは最終ラインではない。依然として批准が必要 「新貿易協定合意は難しい妥協だった」 ローゼングレン米ボストン連銀総裁 「労働市場は今後も引き締まるだろう」 「金融市場の状況はいささか緩和的」 「我々は現在の利上げペースを維持するべき」 欧州連合(EU)当局筋 トリア伊経済・財務相は、依然としてユーロ圏財務相会合内で、2019年度予算案について討議中  

■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す