3月1日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 3月1日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2021年3月2日

3月1日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・豪準備銀行(RBA)が通常の倍となる40億ドル規模の長期債購入を発表したことを受けて、先週末大きく上昇した豪長期金利が低下し、豪ドルの上値が抑えられた

・先週末のNY市場で米長期金利の上昇が一服し、米ハイテク株に買い戻しの動きがみられたことを好感して、日本株も大きく買われて始まり、一時720円超上昇するなど日経平均は反発上昇

・ユーロ圏と独・仏2月製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は軒並み速報値からやや上方修正された

・2月米ISM製造業景気指数は60.8と予想の58.6を上回ったものの、相場の反応は限定的

・仏中銀総裁から金利上昇をけん制する発言が出るとユーロ円は128.22円まで日通し安値を更新

・米連邦公開市場委員会(FOMC)の投票メンバーであるバーキン米リッチモンド連銀総裁の発言「イールドカーブの状況は見通しに対する自然な反応」などが伝わると米債相場は売りで反応し、米10年債利回りは一時1.45%後半まで上昇、金利高に反応しドル買いが進みドル円は昨年8月28日以来の高値となる106.86円まで上昇

・米下院が1.9兆ドル規模の追加経済対策を可決したほか、米食品医薬品局(FDA)が米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナワクチンに緊急使用許可を出したことを受けて、早期の経済正常化への期待が高まり、投資家心理の改善につながりダウ平均は一時730ドル超上昇

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


3月2日7:00時点

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

3月2日7:00時点

 

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 S&P500日足チャート

 

 

 

 ナスダック日足チャート

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 銀価格チャート

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 材木価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

ルメール仏経済・財務相
最近の金利上昇に対しては心配していない

バーキン米リッチモンド連銀総裁
「米国のインフレ率は、いずれインフレ目標2%を超える見通し」
「米国の景気回復に連れて、インフレ率は上昇する見込み」
「米国の景気回復に向けた夜明けが近づいている」
景気回復に伴って金利が上昇しなければ残念
長期債の利回りは、パンデミック(世界的大流行)以前に比べると低水準のまま
イールドカーブの状況は見通しに対する自然な反応
「インフレ期待を注意深く見ているが、それらはまだあるべき所に達していない」
「インフレ期待が上昇している兆候はない」
「利回りの上昇が投資に影響を与えるという根拠を見たことがない

ジョンソン英首相
「都市封鎖(ロックダウン)の解除に向けて正しいペースで進んでいる」

ラムスデン・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁
「見通しが実現しない場合、マイナス金利という手段が必要になる可能性」

ビルロワドガロー仏中銀総裁
最近の利回りの上昇は不当であり、ECBはそれに対応する必要がある
「選択肢には必要に応じて預金金利の引き下げが含まれる」
「最初のツールは、PEPP購入の柔軟性を積極的に利用」

ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
「パンデミックは依然として我々の経済に重くのしかかっている」

エルドアン・トルコ大統領
「2020年の成長率は政策の正しさを示している」
「政府は新憲法の準備を決定」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND