3月23日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 3月23日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2021年3月24日

3月23日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・早朝にNZ政府による住宅価格の抑制措置が発表されて以来NZドルは軟調に推移し、NZドル米ドルは一時0.7005ドルと昨年12月21日以来約3カ月ぶりの安値を更新

・欧州で広がりを見せている新型コロナウイルスの感染第3波が懸念されてユーロ売りが出やすい中、欧州株式相場が下落して始まるとリスク・オフのユーロ売り・ドル買いが活発化しユーロドルは軟調

・パウエルFRB議長は米下院金融サービス委員会で「我々は物価安定の責務に強くコミット」「インフレは今年、経済の回復とともに上昇すると予想」「行き過ぎた高インフレに対処する手段ある」「テーパリングについては開始のかなり前に知らせる」などと述べ、パウエル氏とともに議会証言に臨んだイエレン米財務長官は「税制の変更を検討する予定」「企業に打撃を与えるような政策は提案しない」などと語ったがマーケットの反応は限定的

・BOCが市場機能改善を理由に、1年前に導入した危機流動性プログラムを縮小すると表明したことを受けカナダドルは一時買いが強まる場面があった

・ドイツではロックダウンが延長され、欧州でワクチン接種が遅れていることも経済正常化への期待感を後退させ、エネルギー需要減への懸念が高まるなかで原油売りが進み、原油先物は一時57ドル前半まで大きく値を下げた

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


3月24日6:00時点

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

3月24日6:00時点

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 S&P500日足チャート

 

 

 

 ナスダック日足チャート

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 銀価格チャート

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 材木価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
「状況は大幅に改善されているが、経済回復は完了には程遠い」
「経済回復は予想より迅速に進み、強化されているようだ」
「FRBはあらゆる手段を使い経済を支援することを約束」
「(インフレのリスクについて質問されて)我々は物価安定の責務に強くコミット」
我々は行き過ぎた高インフレに対処する手段ある
インフレは今年、経済の回復とともに上昇すると予想
「将来の財政手段についてはコメントしない」
テーパリング(量的緩和の縮小)については開始のかなり前に知らせる
「一部の資産価格はやや高い」
「銀行の資本は十分」

ボウマン米連邦準備理事会(FRB)理事
「景気回復が完了に近づくまで緩和的な金融政策が必要」
「米経済の回復過程で中小企業にリスクが残っていることを懸念」

麻生財務相
「直ちに増税を考えているわけではない」
「引き続き2025年度までのPB黒字化達成に向け改革」

ロバートソン・ニュージーランド(NZ)財務相
不動産投資家は新築をターゲットにすべき
新築への投資家は税制優遇を受ける

イエレン米財務長官
(23日の議会証言テキストより)
2022年に完全雇用が戻る可能性
「経済対策で景気回復ができると確信」
税制の変更を検討する予定
「法人税の物価や消費者に与える影響は不明瞭」
「企業に打撃を与えるような政策は提案しない」

メルケル独首相
「私たちは今非常に深刻な状況にある」
「厳密に食料品店のみが営業可能」
「イースター期間のみ、教会にはオンラインのみでのサービス提供を求める」
4月1日-5日は社会的接触が少ない静かな日とする
「4月1日と3日は休日として扱われる」

レーンECB専務理事兼主任エコノミスト
「パンデミック緊急資産購入プログラム(PEPP)を通じた債券購入額は、今後着実に増加していく」

ブリンケン米国務長官
「米国は北大西洋条約機構(NATO)との関係を再構築したい」

格付け会社フィッチ・レーティングス
トルコ中銀総裁の更迭で金融政策の信頼性とインフレ抑制見通しが損なわれた
「トルコ中銀総裁解任の影響を見極め、新総裁の下での政策方針を検討する」

ボスティック米アトランタ連銀総裁
「インフレの上昇は一時的と予測」
「インフレが1970年代のような動きに戻るとは予想していない
刺激策は永久に続くわけではない

マクギネス欧州委員会委員(金融サービス担当)
「ロンドン金融街シティーのEU市場アクセスへの同等性については急いでいない」

カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)
残りのすべての危機流動性プログラムを停止する
量的緩和策の縮小開始時期については言及せず

グラベル・カナダ銀行(中央銀行、BOC)副総裁
債券購入ペースの調整は、政策金利の引き上げ時期に対する見解の変更を意味しない
フォワードガイダンスで示されたポイントに到達し、インフレ目標が達成された時点で利上げを開始する必要がある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND