3月29日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 3月29日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2021年3月30日

3月29日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・「エジプトのスエズ運河で座礁して航路を塞いでいた大型コンテナ船が離礁にほぼ成功した」との報道を受けてWTI原油先物価格が2.5%超下落するとカナダドルや豪ドルが売られた

・一部報道 「メルケル独首相は新型コロナウイルスに対する各州の取り組みに不満を抱いており、夜間外出禁止令が必要になると示唆」

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


3月30日6:00時点

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

3月30日6:00時点

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 S&P500日足チャート

 

 

 

 ナスダック日足チャート

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 

 日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 銀価格チャート

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 材木価格チャート

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

日銀金融政策決定会合における主な意見(3月18-19日分)
「米国長期金利の急上昇を懸念する向きもあるが、わが国と同様に預貸率と貸出利鞘の低下が進んだ銀行による債券需要が旺盛になることで、そうした上昇は限定的となる可能性がある」
「極めて緩和的な金融環境を今後も長期に亘り維持する必要があると同時に、現在の政策の枠組みを一段と安定的に維持できる形にしておくことが、将来に亘り金融緩和を約束するうえで重要」
貸出促進付利制度は、利下げの可能性を限定的にみている市場参加者の認識を改めてもらううえでも有効
「当面は、イールドカーブ全体を低位で安定させることを優先した運営が適当」
「ETF等買入れは、機動的に行うのが望ましい」
出口には容易には向かわないという日本銀行の強いコミットメントを示す役割

カブジュオール・トルコ中銀総裁
「5%のインフレ目標を継続して厳守する」
「次回4月会合での利下げは保証されていない」

ルメール仏財務相
「現在の段階では小売業や他経済活動の制限緩和を計画していない

加藤官房長官
「スエズ運河での座礁船、離礁に至っていないと報告受けている」

英首相報道官
ロックダウン緩和に向けて順調に進んでいる
新型コロナウイルスワクチン、欧州連合(EU)と協議を継続
「現在ワクチンは余ってはいないが、余剰が出た場合に最善の割り当て方法を検討」

ブリハ英中銀金融政策委員会(MPC)委員
「いくつかの四半期の強い成長で金融政策が変更するべきとは思わない」
「私のメッセージは、経済の短期的な成長が中銀の政策金利にリンクはしないということだ」

ジョンソン英首相
「次の感染の波にどれくらい防衛できるかは分からない」
「公共を守るために何でも準備をする」
「ロックダウン緩和計画から外れるようなデータはない」 

バイデン米大統領
「ワクチンを接種できる薬局を倍増させる」
「4月19日までに9割の成人にワクチンの接種を行う」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND