3月4日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 3月4日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2021年3月5日

3月4日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなど非加盟産油国でつくる「OPECプラス」は、本日開かれた会合で4月の生産量維持を決定したことで(週初までは協調減産幅の縮小が見込まれていたため)需給の引き締まりが意識されて原油買いで反応、前日比では4%超高、約1年2カ月ぶりの高値となる64ドル後半まで一時上昇した

・米追加経済対策や新型コロナウイルスのワクチン普及による米経済正常化期待から米長期金利が上昇基調

・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が討論会で「FRBは目標達成のために強くコミット」「依然としてFRBの目標には程遠い」との見解を示しながらも、「一過性のインフレ加速に対して我々は慌てない」「FRBの現在の金融政策スタンスは適切」と発言すると、市場では「金利上昇を懸念していない」と受け止められ、米10年債利回りが一時1.54%台まで急上昇

・米英は追加の対ロシア制裁を検討、国債を対象に含める可能性があると一部通信社が報じている

・ウエルFRB議長が討論会でインフレ圧力の高まりに懸念を示さず、長期金利上昇の抑制策にも言及しなかったため、米長期金利が急伸し米株価3指数は大きく下落、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は大幅に3日続落し、1月4日以来2カ月ぶりの安値となった

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


3月5日7:00時点

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

3月5日7:00時点

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 S&P500日足チャート

 

 

 

 ナスダック日足チャート

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 

 銀価格チャート

 

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 材木価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁
2022年の利上げを予想せず
イールドカーブ・コントロールは可能な手段のひとつ
「利上げがあるとするならば2023年末に向けてだろう」

オアNZ準備銀行(RBNZ)総裁 
「任務を達成するためには、まだ緩和的な金融政策が必要」
住宅価格のボラティリティがNZ金融システムの健全性にリスクをもたらす

メルケル独首相
「ロックダウンを段階的に緩和する道筋を設定する」
「予防接種はパンデミックから抜け出す方法」
「自分たちを後退させることなく開放するためのステップを踏む必要」
「10万人あたり感染者が50人を下回ると小売業を含めた緩和を検討」

カーンズ豪準備銀行(RBA)金融安定局長
現在の住宅価格は懸念していない
「貸し付けの質は我々が見守る必要のあるもの」
債券利回りの上昇は国際的な現象

クノット・オランダ中銀総裁
「欧州中央銀行(ECB)理事会での金利上昇に関する議論は、景気回復とインフレ見通しを反映したものだとの認識が土台となる」

ショルツ独財務相
「2021年に追加の借り入れが必要となる可能性」

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
「FRBは目標達成のために強くコミット」
「依然としてFRBの目標には程遠い」
インフレの上昇は一時的な可能性が高い
市場が秩序のない状況になれば問題視するだろう
「最大限の雇用は年内確保の可能性は極めて低い」
「賃金の上昇を見極めたい」
「さらなる顕著な進展までしばらく時間がかかる」
一過性のインフレ加速に対して我々は慌てない
「最近の債券市場のボラティリティが気になる」
「FRBは条件が満たされるまで利上げを行わない」
「FRBの現在の金融政策スタンスは適切」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND