3月4日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 3月4日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2020年3月5日

3月4日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・カナダ中銀は政策金利を0.5%引き下げ1.25%に

・欧州連合(EU)の欧州委員会がフランスとイタリアのリセッションリスクを指摘したこともユーロ売り・ドル買い

・米地区連銀経済報告(ベージュブック)では、新型ウイルスサプライチェーンに影響を与えていると指摘するも、米経済活動は緩慢なペースで拡大しているとの見解

・米大統領選挙民主党候補者選(スーパーチューズデー)でバイデン氏が躍進しサンダース氏と接戦、ブルームバーグ氏が撤退

・ユーロ圏各国の財務相は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて電話協議し「財政措置を含むさらなる政策をとる準備はできている」との声明を発表

・財新サービス業PMIが記録的な低水準の数値、中国【(2月) Caixinサービス部門購買担当者景気指数(PMI)】 結果 26.5 予想 48.0 前回 51.8

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


3月5日7:00時点

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

3月5日7:00時点

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 S&P500日足チャート

 

 

 

 ラッセル2000日足チャート

 

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

エバンズ米シカゴ連銀総裁
リスクの高まりや景気低迷の可能性を考え、FRB利下げが信頼感向上に寄与
「新型コロナウイルスの米国への影響は短期的」
「四半期から半年間の成長鈍化後に米経済は反発」
「金融市場、現在起こっている全てのことに反応」
「米経済は依然として堅調と認識」
緊急利下げ、FRBが危機対応チームの一員であることを示す

アーダーンNZ首相
新型ウイルスの影響は大きいだろうが長期的ではない
第一四半期の経済活動は限定されるだろう

黒田日銀総裁
「新型肺炎の日本経済への影響はすでに見られている」
1-3月期は新型肺炎の感染拡大が長引けば生産などへの影響が大きくなることを認識する必要

ルメール仏財務相
「ユーロ圏は財政刺激策の準備をするべき」
「コロナ危機には金融政策より財政政策のほうが効果的」

デベルRBA(豪準備銀行)副総裁
「金融政策は依然として効果的」
新型肺炎によるサービス輸出の落ち込みが第1四半期GDPを0.5%押し下げるだろう

欧州連合(EU)
新型コロナウイルスの影響でイタリアとフランスにリセッションのリスク

ベイリー英中銀(BOE)次期総裁
「資金供給で政府との行動必要と考える」
BOEは0.10%まで金利を引き下げることが可能
「BOEの金融政策に関する余地があまりない」

カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明
現在の見通しは1月よりも明らかに弱まった
必要なら、金融政策をさらに調整する用意がある
「市場は引き続き機能するが、金融システムに十分な流動性を確保し続ける」
「BOCはG7の中銀および財務当局と連携して、経済および財政状況を引き続き注意深く監視する」
「CPIインフレは一時的な要因により予想よりも強かった」
「インフレ指標はすべて約2%のままであり、潜在性に近い経済状況と一致」
健全な労働所得の伸びに支えられて、消費は予想よりも強かった
「住宅投資は今年初めよりも緩やかなペースではあるが成長を続けた」
「事業投資と輸出の両方は弱まった」
「新型コロナウイルスは多くの国の人々にとって重大な健康上の脅威」
「経済活動が急激に低下し、サプライチェーンが混乱した」
商品相場が下落しカナダドルは低下
 「ウイルスの感染拡大で企業と消費者の信頼感が低下し、活動がさらに憂慮される可能性」

ブラード米セントルイス連銀総裁
「現在の金融政策は適切」

「新型コロナウイルスを巡る状況は引き続き不安定」
「今年前半の世界経済は打撃を受けるだろう」

米地区連銀経済報告(ベージュブック)
米経済活動は緩慢なペースで拡大
「新型コロナウイルスは旅行と観光に悪影響」
「新型ウイルスはいくつかのサプライチェーンに影響」
「大半の地区で販売価格がわずかに上昇」
「米個人消費は一般的に持ち直しましたが全体的に不均一」

 

 

 

RECOMMEND