3月6日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 3月6日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2020年3月8日

3月6日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

 

・欧州市場で米10年債利回りが0.7%を割り込み0.657%と過去最低を記録、ドル円は一時105円割れ(104.99円)

・市場では「米連邦準備理事会(FRB)が4月末までに政策金利をゼロ近辺まで引き下げるとの見方が強まっている」との見方から金利低下

・クドロー米国家経済会議(NEC)委員長が「新型肺炎対策で的を絞った景気刺激策を講じる可能性」などと発言したことが下支え

・OPEC加盟国とロシアなど非加盟産油国の会合は協議が決裂し、追加減産が見送られ、原油の売りが加速

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 

3月7日7:00時点

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 

3月7日7:00時点

 

 

 

 

 

 

ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

ラッセル2000日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 

 

米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 
日10年債利回りチャート

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

◎IMM通貨先物ポジション

 

 

FOREX WATCHER参照

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

カプラン米ダラス連銀総裁
「ウイルスの拡散で見通しに対するリスクが高まった」
FRBの行動がすばやい回復の可能性を高めるだろう
大幅な景気減速や金融ひっ迫があれば、緩和的な政策を支援
「各国・地域中銀はそれぞれ異なった行動をとる」
「手段が限られているならば、より早く大胆に行動するのが賢明」

モリソン豪首相
新型コロナウイルスによる医療関連コストは10億豪ドルに達する可能性も

カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
「先日の緊急利下げで保険に加入した」
「新型コロナウイルスは企業活動や消費者に対して不確実性を高めている」
「新型コロナウイルスの影響がいつまで続くかは不明」

ウィリアムズ米NY連銀総裁
「3日の利下げで景気拡大を後押しする」
金融当局は政策手段を用いて適切に行動する
「見通しは変化しており、不確実性が非常に高い」
「新型コロナウイルスを注意深く監視し、適切に行動する」

アジア開発銀行
20年中国成長率、新型コロナウイルスの影響で0.3-1.7%押し下げられる可能性

ロシア高官
既存の(石油)減産延長は同意、新たに削減量は増やさない

エルドアン・トルコ大統領
「ミツォタキス・ギリシア首相との会談は拒否した」

ブラード米セントルイス連銀総裁
市場は最悪なケースを織り込もうとしている
「我々は皆コロナウイルスの影響を判断するのに苦労している」
「市場のボラタリティには驚かない」
「2月米雇用統計は経済が良好な状態であることを示唆」
米国は当面の間、減速するだろう
「中国よりはかなり自信がある」
「新型コロナウイルスを制御できれば、今年初めの非常に強い経済にすべてが戻るだろう」
金融政策を目先の課題に集中させ続ける

トランプ米大統領
「FRBに追加利下げし、景気を刺激するべき」
「FRBは積極的ではない」
「金融市場が持ち直すことを期待」

米格付け会社ムーディーズ
新型コロナウイルスの感染拡大で世界経済が年内にリセッションに陥るリスクが増大した

クドロー米国家経済会議(NEC)委員長
新型コロナウイルス対策で的を絞った景気刺激策を講じる可能性

ローゼングレン米ボストン連銀総裁
10年利回りがゼロ%に達した場合、FRBはより幅広い資産を購入できる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND