4月1日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 4月1日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年4月2日

4月1日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・ロシアはパイプライン「ヤマル・ヨーロッパ」を通じたドイツへのガス供給を停止する、と一部通信社報道

・ロシア・ガスプロムは引き続き、ウクライナを通して欧州にガス供給を行うと発表

・米労働省が発表した3月米雇用統計では非農業部門雇用者数が前月比43.1万人増と予想の49.0万人増を下回った一方、失業率が3.6%と前月から低下し予想よりも強い結果となったことで米長期金利の上昇とともにドル買い優勢

・3月米ISM製造業景気指数が57.1と予想の59.0を下回ったことが分かると、徐々に上値が重くなり、米10年債利回りが2.35%台まで上昇幅を縮めたことも相場の重しとなりドルの上値が重くなった

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 


4月2日6:00時点

 

 

 

 

 


4月2日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


4月2日6:00時点

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎IMM通貨先物ポジション

 

 

FOREX WATCHER参照

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

鈴木財務相
「為替の安定は重要、急速な変動は望ましくない」
「政府として為替市場の経済への影響を緊張感もって注視」
「日銀の金融政策は為替レートを直接の目的としていない」
「為替の過度の変動、無秩序な動きは経済へ悪影響」

ロシア外務省当局者
「EUの制裁に対抗し、ロシアとの対立が利益にならないと認識させる」

日銀幹部
「円安の製造業への影響、どちらかと言えばコスト高で収益押し下げる声の方が強く聞かれた」

ウクライナのチェルニヒフ州知事
「ロシア軍がチェルニヒフ州から撤退している」

スウェーデン財務省
「ウクライナでの戦争は経済成長を低下させ、物価を上昇させる」
「2022年のGDPを3.1%と見込む(12月予想は3.4%)」
「消費者物価指数は4.6%と見込む(12月予想は2.1%)」

クノット・オランダ中銀総裁
「リセッション(景気後退)にはならないと予想」
「利上げは9月か10月もしくは12月の可能性」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND