4月12日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 4月12日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年4月13日

4月12日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・鈴木財務相が「円安進行含め為替動向を緊張感持って注視」などの見解を示したことが材料視されたほか、市場では「国内輸出企業や海外短期勢からの売りが観測された」との指摘もあり、125.50円台から一時125.11円まで売りに押される場面があった

・米労働省が発表した3月米消費者物価指数(CPI)は前年比で40年3カ月ぶりの高い伸びを記録

・ロシア産原油の禁輸を含む制裁強化を検討している欧州連合(EU)は、石油輸出国機構(OPEC)との会合で増産を要求したものの、OPECは「ロシア供給の減少規模を補うのはほぼ不可能」との考えを示したことが伝わり、供給懸念から原油価格は上昇し一時101ドルまで上げ幅を広げた

・米3月CPI前年比は約40年ぶりの水準まで伸び率が上昇し、インフレのヘッジ資産とされる金価格が上昇するも、買い一巡後は材料出尽くしから売りが出た

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 


4月13日6:00時点

 

 

 

 

 


4月13日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 


4月13日6:00時点

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

鈴木財務相
「為替の安定は重要、急激な変動は望ましくない」
「円安進行含め為替動向を緊張感持って注視」
「為替の過度な変動や無秩序な動きは悪影響を与える」

岸田首相
「為替の安定は重要で急速な変動は望ましくない」
「日米金利差は様々な要因で決まるもので、今後の見通しを一概に申し上げるのは困難」

仏極右政党「国民連合」のルペン党首
「EUから離脱する秘密計画はない」

プーチン露大統領
「ウクライナでの軍事作戦が目的を達することは間違いない」
「ロシア軍は勇敢かつ効率的に行動している」
「ウクライナで起きていることは悲劇だが、ロシアには選択肢がなかった」
「ウクライナとの交渉は行き詰まっている」
「ウクライナはトルコ・イスタンブールでの合意から逸脱している

ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事
金融政策の方向性を評価するためにコア・インフレに最も注目している
「コア・インフレの緩やかな上昇を歓迎」
「インフレを抑えることが最も重要な課題」
「今後数カ月、インフレ緩和が続くか注目する」
「ロシアとウクライナの戦争が長引けば長引くほど、インフレ上昇と成長率低下に対する潜在的なリスクは大きくなる」
「インフレは時間をかけて目標の2%に戻ると予想」
バランスシート縮小、早ければ5月に決定し6月から実施される可能性

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND