4月16日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 4月16日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2020年4月17日

4月16日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・オアNZ準備銀行(RBNZ)総裁の発言「マイナス金利を排除しない」との発言でNZドル軟調

・3月豪雇用統計で新規雇用者数・失業率ともに予想ほど悪化しなかったが豪州でロックダウン(都市封鎖)が始まった16日以前のデータであることが豪統計局から伝わると、来月の雇用統計への警戒感から豪ドル軟調

・クオモNY州知事はNY州の行動制限を5月15日まで延長

・米新規失業保険申請件数は524.5万件と予想の510万件より弱い内容、4月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数はマイナス56.6と予想のマイナス32.0を大幅に下回った

・弱い米経済指標の発表が相次いだことで、リスク回避姿勢を強めた投資家の間で資産の現金化に伴うドル需要が増えるとの見方が広がりドル高につながった

・英政府はロックダウン(都市封鎖)を少なくとも3週間延

・7都府県の緊急事態宣言を全国に拡大

・30万円の一部世帯給付を10万円一律給付に変更

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


4月17日6:00時点

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

4月17日6:00時点

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 S&P500日足チャート

 

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

トランプ米大統領
「新型肺炎の新たな感染のピークが過ぎたことをデータが示唆」
「新たなガイドラインを明日発表する予定」

オアNZ準備銀行(RBNZ)総裁
「今回の経済ショックは財政政策の課題」
「金融政策は財政にとって支援材料」

国際通貨基金(IMF)
「新型コロナウイルス、世界的な金融危機よりもアジアに大きな打撃」
「アジア経済、来年は回復見込まれるが見通しは不透明」

ホークスビーNZ準備銀行(中央銀行、RBNZ)総裁補佐
QEプログラムは1.25%の利下げと同等の意味がある

オアNZ準備銀行(RBNZ)総裁
マイナス金利を排除しない

豪統計局
3月雇用統計は前半2週間を参照しており、新型コロナ対策が実施される前

モリソン豪首相
今後数カ月で驚くような経済ニュースを準備する必要
「現在はまだ新型肺炎を抑制する段階」

スラック英首相報道官
「ブレグジットの移行期間を延長すると不確実性が長引く」

クオモNY州知事
NY州は行動制限を5月15日まで延長

カプラン米ダラス連銀総裁
「失業率は年末までに8-10%になる可能性」
「2021年に米成長率は潜在成長率を上回る」

ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁
「米経済は新型コロナウイルスによる困難な状況にある」
FRBは単独で行動することはできない。財政政策は非常に重要な役割を担っている
NY連銀は金融市場の流動性と安定性を促進するために迅速かつ重要な行動をとっている
「パンデミック時は財政政策が主な役割を果たす」

 

ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁
大規模な金融緩和が回復には必要
「正当化されるならば、いかなるプログラムの規模を拡大する準備がある」
第3四半期前に経済を再開し始めるべき
回復はV字カーブとなると予想

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND