4月18日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 4月18日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年4月19日

4月18日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・イースターマンデーでオセアニア市場や欧州市場のほとんどが休場

・米連邦準備理事会(FRB)が金融引き締めを積極的に進めるとの見方が改めて強まると、米金利の上昇とともにドル高が進行し、取引終了間際に一時127.00円と2002年5月以来およそ20年ぶりの高値を更新

・FRBがインフレに対応するため、積極的な利上げを実施していくとの見方から債券売りが進み、米10年債利回りは時間外で一時2.8795%前後と2018年12月以来約3年4カ月ぶりの高水準を付けた

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 


4月19日6:00時点

 

 

 

 

 


4月19日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 


4月19日6:00時点

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

鈴木財務相
「金融政策は日銀の独立性がある」
「円安進行を含め為替動向をしっかりと緊張感をもって注視」
「為替の安定は重要、急速な変動は望ましくない」
「通貨当局と密接な意思疎通を図ることが重要」
「日銀との共同声明を変更する気持ちはない」
「円安、良いか悪いか一概に言えない」
価格転嫁や十分な賃上げない今の状況の円安は悪い円安と会見で話した

黒田日銀総裁
「為替相場は経済・金融のファンダメンタルズを反映するべき」
「為替相場の動きが経済・物価に与える影響は十分注視」
円安が全体としてプラスという評価は変えていない
「為替、短期に急激に動くと企業の事業計画の策定難しくなる」
最近の円安はかなり急速な為替変動
2%目標の実現目指し緩和政策を続けることが適当
「円安のマイナス面も考慮しないといけない」
「物価上昇の主因はエネルギーであり、為替の影響は小幅に」
「現状、出口戦略を議論する状況にない」

ロシア大統領府
「ウクライナとの協議は専門家レベルで継続する」
「プーチン露大統領は18日に当局者と経済について会談する」

ナビウリナ・ロシア中銀総裁
「主要金利をさらに早く引き下げる可能性がなければならない。経済への与信を増やす条件を整える必要がある」
「インフレ率が目標の4%に戻るのは2024年になる」
「経済制裁は、主に金融市場に影響している、今後、経済への影響が拡大し始める。輸入制限と外国貿易の物流が主要課題で将来的には輸出制限も視野に入る」
「ロシアの企業は制裁に適応しなければならない」

プーチン露大統領
「経済の状況は安定しつつあり、ルーブルも回復基調にある」
「需要やインフレ率は元に戻りつつある」

ブラード米セントルイス連銀総裁
「経済は今年もトレンドを上回り続ける」
「インフレは高すぎる。FRBの行動が重要になる」
「FRBはインフレを抑制下に置く」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND