4月21日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 4月21日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2020年4月22日

4月21日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・トランプ米大統領が戦略石油備蓄に最大7500万バレルの積み増しを検討と発言すると原油先物に買い戻しが入るも一時的

・昨日のWTI原油先物5月限の暴落に続き、6月限はこの日も軟調に推移し一時1バレル=6.50ドルと前日比で68%超暴落

・石油輸出国機構(OPEC)が来月10日の開催で追加減産について議論の可能性

・一部通信社が政府関係者の話として、トランプ米大統領は新型コロナウイルスの影響を受けた中小企業向け追加支援で議会と暫定合意したと報道

・米ホワイトハウスと議会指導部は同日、5000億ドル規模の追加の新型コロナ対策で合意、米上院は4840億ドルの追加の新型コロナ対策法案を可

・米複数報道が金正恩・北朝鮮労働党委員長が緊急手術を行い、金正恩氏は脳死状態と報道

・コンテ伊首相が5月4日からロックダウン措置を段階的に緩和する見通しを発表

・トルコリラは軟調、対円では一時15.36円まで下落し史上最安値を更新

・メキシコ中銀は金融政策決定会合を緊急に開催し政策金利を6.50%から6.00%に引き下げることを決定

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


4月22日6:00時点

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 

4月22日6:00時点

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 S&P500日足チャート

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

  ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

トランプ米大統領
戦略石油備蓄に最大7500万バレルの積み増しを検討
中小企業向けの追加支援がまもなく合意すると期待
「サウジアラビアからの石油の出荷停止を検討」
「石油を購入する絶好の時期だと議会の承認を求める」
「産油国はもっと減産を行うべきだ」
石油やガス企業に対する資金拠出プログラムの作成をエネルギー省や財務省の長官に指示した

NZ準備銀行(RBNZ)
「貸出制限(LVR)を削除するつもりだ」
「景気後退により、RBNZは制限を取り除くことを検討」

ロバートソンNZ財務相
「危機前の好調なNZ経済への回復に向けて十分な体制を整える」
オーストラリアなどの他国と比較しても、回復するには十分な状況にある

オアNZ準備銀行(RBNZ)総裁
マイナス金利を排除しない
現行ではマイナス金利よりも量的緩和のほうが良い
「急激なウイルスのショックには量的緩和がより効果的」

ロウ豪準備銀行(RBA)総裁
RBAの行動と政府の資金援助を混同しないでほしい
「流動性をサポートするために必要に応じて債券、レポを調整し続ける」
「将来について高いレベルの不確実性」
2020年上半期は1930年代以降、国の生産量、収入で最大の縮小が見込まれる
「次の数カ月はオーストラリア経済にとって困難なものになるだろう」
6月までに失業率は約10%になる可能性が高い
今後数年間、失業率は6%を超える可能性が高い
「低金利が非常に長期間続くと思われる」
「現在の成長に戻るには数年かかる」
「賃金の上昇圧力は緩やかなまま」
中期的にはデフレリスクは見られない
「長い期間のロックダウンが続けば、より多くの経済的な痛手に」

コンテ伊首相
5月4日からロックダウン措置を段階的に緩和する見通し
4月に発表される新たな経済刺激策は少なくとも500億ユーロ相当となる
「木曜日のEUサミットでは、欧州経済対策について決定的な解決策には至らないだろう」

ブルトン欧州委員(域内市場担当)
シェンゲン地域は、夏まで閉鎖された状態が続く見通し

オブライエン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)
「北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に関する情報はない」

エルドアン・トルコ大統領
「トルコにおいて新型コロナウイルス感染拡大は安定しつつある」

クノット・オランダ中銀総裁
「新型コロナウイルスは脱グローバル化を更に進める」
「金融政策は回復期でも重要な役割となる」

ハセット米大統領経済諮問委員会(CEA)委員長
「第2四半期米GDPは過去最悪となる可能性はあるが、まだそれを避けられるチャンスも残っている」
「議会が現在協議中の経済対策を承認後、さらにもう一つの新型コロナ対策法案を予想」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND