4月22日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 4月22日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2021年4月23日

4月22日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・欧州中央銀行(ECB)は新型コロナウイルスの流行を受けて導入した大規模な金融緩和策PEPP(緊急購入プログラム)の維持を決定、政策金利も市場予想通り0.00%で据え置いた

・ラガルドECB総裁は理事会後の会見で「短期的な見通しは不透明」「ECBは必要に応じてあらゆる手段を調整する用意がある」と述べた一方、「中期的なリスクは均衡」「経済活動はまだ限定的だが底を打った兆候がある」などと語った

・バイデン米大統領は所得が100万ドルを超える富裕層に対するキャピタルゲイン課税の税率を、現行の20%からほぼ2倍の39.6%に引き上げることを提案、所得税の限界税率は37%から39.6%に引き上げると複数メディアが報道

・20万ドル以上の所得に課せられる純投資所得税(NIIT)の3.8%を含めると、全体のキャピタルゲイン税率は43.4%に上る可能性がある

・複数の米メディアが「バイデン政権は富裕層を対象にキャピタルゲインへの課税を従来の約2倍に引き上げる方針」と報じたことで米国株式市場が急落

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


4月23日6:00時点

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 

 4月23日6:00時点

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 S&P500日足チャート

 

 

 

 

 ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 

 日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 

VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 

 

銀価格チャート

 

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

材木価格チャート

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

イスラエル軍
シリアからミサイル攻撃を受けたため、報復としてシリアを攻撃した

ルドリアン仏外相
「欧州連合(EU)はプーチン大統領とロシア政府に、もしナヴァルニー氏が亡くなったら新たな制裁を与えると警告を発した」

欧州中央銀行(ECB)声明
今期のPEPPの購入額は引き続き大幅に増加する見込み
「QEは毎月200億ユーロのペースで実施」
PEPPプログラムの規模を1兆8500億ユーロで再確認
「金利はインフレ目標に近づくまで現状またはそれ以下に」
PEPPの総額を使い切る必要はなく、規模拡大も可能

ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
短期的な見通しは不透明
経済活動は年を経るにしたがって堅調な回復を見込む
「基調的な物価圧力は依然として安定している」
ECBはインフレ見通しに関して為替レートの影響を注視
「ECBは必要に応じてあらゆる手段を調整する用意がある」
「短期的なリスクは下向きだが、中期的なリスクは均衡」
「経済活動はまだ限定的だが底を打った兆候がある
ヘッドラインインフレはここ数カ月上昇しそうだ
「パンデミック克服後、中期的にインフレは徐々に上昇」
パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の減額はデータ次第であり、カレンダー通りに進むことはない
テーパリング協議は時期尚早
「ユーロ圏経済は2022年後半にコロナ危機前の水準を回復する見通し」
ECBの戦略検証結果を秋に公表する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND