4月28日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 4月28日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2021年4月29日

4月28日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・1-3月期豪消費者物価指数(CPI)が前期比・前年同期比ともに市場予想を下回ったことに豪ドルは売りで反応

・米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明にサプライズはなかったものの、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長のハト派寄りの発言を受けて、ドル売りが優勢

・FOMCで金融政策の現状維持を決定、声明では、ワクチン接種と強力な政策支援の進展で経済活動と雇用指標は強まったと、見通しのリスクは引き続き下向きで、大幅な進展が見られるまで資産購入ペースは維持

・前日の石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」の会合で減産の縮小を慎重に進めていくとの姿勢が強調されたことが引き続き相場の支えとなり、原油先物相場は続伸

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


4月29日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 

 4月29日6:00時点

 

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 

 銀価格チャート

 

 

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

材木価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

ブレマン・リクスバンク(スウェーデン中銀)副総裁
「インフレは今後ボラタイルになるだろう」

センテノ・ポルトガル中銀総裁
「非常に緩和的な金融政策の継続を見込む」

シュナーベル欧州中央銀行(ECB)専務理事
「必要ならパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の調整をいつでも行うことができる」

ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
「パンデミックの最悪期を過ぎたかどうかの判断は時期尚早」
「短期的な見通しへのリスクは下方向」
「下期には堅調な景気回復を見込む」

米連邦公開市場委員会(FOMC)声明
FRBはこの厳しい局面で米経済を支援するためにあらゆる手段を行使し、雇用最大化と物価安定という目標を促進することに全力で取り組む
「新型コロナウイルスのパンデミックは、米国および世界中で多大な人的および経済的苦難をもたらしている」
「ワクチン接種と強力な政策支援の進展で、経済活動と雇用指標は強まった」
「パンデミックによって最も悪影響を受けたセクターは依然として弱いものの、改善が見られる」
インフレ率は上昇しており、主に一時的な要因を反映
「経済および米国の家計や企業への信用の流れを支援するための政策措置を部分的に反映し、全体的な金融状況は引き続き緩和的だ」
「経済の道筋はワクチン接種の進捗状況を含め、ウイルスの行方に著しく左右されるだろう」
「現在進行中の公衆衛生の危機は引き続き経済を圧迫しており、経済見通しに対するリスクは残っている」
「委員会は雇用最大化と長期的な2%のインフレ率の達成を目指す
この長期的な目標を下回るインフレ率が続いているため、委員会は当面、2%をやや上回る程度のインフレ率の達成を目指す
これによりインフレ率は時間とともに平均で2%になり、長期的なインフレ期待は2%にしっかりととどまる
「これらの結果が達成されるまで、委員会は緩和的な金融政策の姿勢を維持すると予想する」
「委員会の最大雇用と物価安定の目標に向けてさらに著しい進展が見られるまで、FRBは引き続き米国債の保有を少なくとも月800億ドル、エージェンシーローン担保証券の保有を少なくとも月400億ドル増やす」
「これらの資産購入は、円滑な市場機能と緩和的な金融状況の促進を支援し、それによって家計や企業への信用の流れを支援する」
「金融政策の適切な姿勢を評価するに当たり、委員会は今後もたらされる経済見通しに関する情報の意味を引き続き監視する」
「もし委員会の目標の達成を妨げる可能性があるリスクが生じた場合、委員会は金融政策の姿勢を適切に調整する準備がある」
「委員会の評価は、公衆衛生に関連する情報、労働市場の状況、インフレ圧力、インフレ期待、金融と世界の動向を含む幅広い情報を考慮する」
「今回の決定は全会一致」

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
「回復は依然として不均衡、完全な状態からは程遠い」
失業率は依然として高い水準にある
消費が物価を押し上げるものの、一時的なものだろう
「ワクチン接種継続で今年後半には経済はより正常な状況に向かうだろう」
今年の一時的な物価上昇は利上げ要件を満たさないだろう
テーパリングについて議論する時期ではない
インフレ期待が2%を超えてくればFRBは手段を行使する
「インフレ抑制のためにFRBが行動することについて疑うべきではない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND