4月30日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 4月30日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2020年5月1日

4月30日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・欧州中央銀行(ECB)は金融政策の現状維持、パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の規模も7500億ユーロで据え置いた

・ECBは条件付き長期リファイナンスオペ(TLTRO3)の最低金利を中銀預金金利より50ベーシスポイント低い水準に引き下げ

・条件を付けない長期リファイナンスオペ「パンデミック緊急長期リファイナンスオペ(PELTRO)」の金利はリファイナンスオペの最低応札金利より25bp低くする

・月末のロンドン16時(日本時間24時)のフィキシングに絡んだドル売りのフローが観測、市場関係者からは「薄商いの中、フィキシング絡みのフローに左右された」との声

・3月米個人消費支出(PCE)は前月比7.5%減と予想の5.0%減を下回り、過去最大の落ち込み

・前週分の米新規失業保険申請件数は383.9万件と予想の350.0万件より弱い結果

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 


5月1日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

5月1日6:00時点

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 S&P500日足チャート

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

黒田日銀総裁
「政府の経済対策に対応した中小支援策は臨時会合などをやって早急に始めたい」

コンテ伊首相
「抑制策の緩和はそれぞれの地方の状況による」
被雇用者や自営業者向けに250億ユーロの支援策を用意
新たな企業支援策には150億ユーロ

欧州中央銀行(ECB)声明
「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)を7500億ユーロの規模で維持」
PEPPの規模を拡大する準備がある

ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
今年のユーロ圏経済は5-12%縮小する可能性
回復のスピードや規模は依然として不透明感が高い
「断固としたECBの措置は重要なサポートとなる」
パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)を必要な限り延長する用意
「ECBはあらゆる手段を講じる用意がある」
「最近の経済データは異例の低下」
「新型コロナの経済への影響は第2四半期にはさらに厳しくなる可能性」
ECBは金融面で域内が断絶するリスクを容認しない

英首相報道官
「ロックダウンの早期解除という博打はしない」
EUとのブレグジット交渉が生産的な進展をしているかどうかの判断は6月に行う

ハセット・ホワイトハウス経済顧問
「経済に更なる刺激策が必要ならば、ホワイトハウスはより良いアイデアを持つべきだ」
4月の失業率は19%くらいになると予測
「下半期の市場は力強いものとなるだろう」

ショルツ独財務相
「段階的な規制緩和が今なら可能かもしれない」

メルケル独首相
「移動制限解除を議論するのは時期尚早」

ジョンソン英首相
「新型コロナウィルスのピークを超えた」
「どのようにウイルスを抑圧し、経済をサポートするか着手する」
「来週にどのように経済を動かし、子供を学校に戻し、働きに行くかを説明する」

クドロー米国家経済会議(NEC)委員長
中国保有の米国債の一部を帳消しにするとの報道は事実無根
「米債務への十分な信頼と信用は神聖」
「ドルを世界の準備通貨として維持するとコミット」

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND