5月1日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 5月1日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2020年5月3日

5月1日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・新型コロナウイルスへの対応をめぐり、トランプ米大統領が中国に報復関税を課す可能性を示唆したことを嫌気し株価が下落

・米食品医薬品局(FDA)は新型コロナ感染症治療薬の候補とされる米ギリアド・サイエンシズの抗ウイルス薬レムデシビルに緊急使用許可

・レーバーデーで英国以外の欧州勢が不在となる中で閑散相場

・死亡説など動向に注目が集まっている金正恩・北朝鮮労働党委員長が工場を視察

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


5月2日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

5月2日6:00時点

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 S&P500日足チャート

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

◎IMM通貨先物ポジション

 

 

FOREX WATCHER参照

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

モリソン豪首相
来週の金曜日(8日)までに抑制策緩和の検討を進める

レーンECB専務理事兼チーフ・エコノミスト
「正当化されるならば、あらゆる追加措置を講じるだろう」
「追加措置にはパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の規模拡大などを含む」

安倍首相
「緊急事態宣言の1カ月延長軸に対策調整するよう指示」
「5月4日に最終決定を行う」

マクロン仏大統領
「5月11日のロックダウン解除は通常生活に戻るということを意味しない」

カプラン米ダラス連銀総裁
失業率は20%程度まで上がる可能性
第2四半期GDPは30%程度縮小する可能性
「経済回復にはさらなる財政出動が必要」
「金利は長期にわたり低位安定へ」
「FRBはさらなる措置も」

クドロー米国家経済会議(NEC)委員長
「第2四半期は大幅な経済悪化へ」
「中国は透明性に欠けている」
経済は1-3月期よりも4-6月期のほうが悪化する
(中国への)新たな関税を急ぐのかは定かではない
サプライチェーンは国内にあるべきだ

マックレム次期カナダ銀行(BOC)総裁 
気候変動は経済にとって重要課題で価格などに影響を及ぼす
マイナス金利は破壊的な影響がある

バーキン米リッチモンド連銀総裁
「経済の低下は数カ月以上は続く」
「米国はさらなる支援として何が必要か計画を立てる必要がある」

ブラード米セントルイス連銀総裁
経済は下半期に通常に戻るだろう
「経済の問題はほとんどが4-6月期の現象になり、年後半は回復する」
「米国経済の停止が長引けば様々な問題がおこりはじめる」

トランプ米大統領
「米債務に対処する計画はある」
米食品医薬品局(FDA)は新型コロナウイルス感染症治療薬の候補とされる米ギリアド・サイエンシズの抗ウイルス薬レムデシビルに緊急使用許可を与えた

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND