5月13日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 5月13日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年5月14日

5月13日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・5月米消費者態度指数(ミシガン大調べ)速報値は59.1と予想の64.0を下回ったものの、相場の反応は限定的

・ユーロドルは、ロシア産エネルギーの供給不安によるユーロ圏景気の減速懸念も根強く、前日の安値1.0354ドルを下抜けると一時1.0350ドルと2017年1月以来約5年4カ月ぶりの安値を更新

・ダウ平均は前日まで6日続落し、約1年2カ月ぶりの安値を付けたあとだけに、自律反発狙いの買いが入り、一時540ドル超上昇

・欧州連合(EU)のロシア産原油の禁輸方針や、ロシアの報復措置としてのEUに本拠を置く企業を対象に天然ガス供給の停止など、ロシア産原油に絡んだ供給不安から買いが入り、原油価格は続伸

・ロシアはブルガリアとポーランドに加え、13日はNATO加盟を申請したフィンランドへのガス供給停止の可能性を警

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


5月14日6:00時点

 

 

 

 

 

 


5月14日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


5月14日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎IMM通貨先物ポジション

 

 

FOREX WATCHER参照

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
「ソフトランディング(軟着陸)は我々のコントロール外の要因次第だろう」
今後2回の会合で0.50%の利上げは適切となる公算

鈴木財務相
「今後も永続的に日銀が国債を買い入れるとの前提に立った財政運営行うことは適切ではない」
「日銀の国債保有残高は時々の金融政策によって大きく変動しうる
「日銀保有の国債は物価安定目標実現に向け金融政策の一環として買い入れ」
「日銀には金融政策や業務運営の自主性認められている」
「為替はさまざまな要因で市場で決まる」
「為替や物価の動向を緊張感を持って注視」
「為替は、日米金利差だけでなく、通貨量や物価見通しも関係」
「物価高は、円安の影響だけでなく原油などの原材料価格の高騰が背景にある」
「円安には両面がある。輸出産業にはプラス、輸入には物価高に繋がる」
「為替の安定は重要、急激な変動は望ましくない」
「通貨当局と緊密に意思疎通して、政府として適切に対応する」

松野官房長官
「フィンランドとスウェーデンのNATO加盟申請の動向を注視」

黒田日銀総裁
「大量の国債購入の副作用はあり得るが、大幅な金融緩和は必要」
「金利を上げると景気が悪くなり、銀行の貸出量が減ると銀行収益は増大しない」
「為替市場の短期間の過度な変動は先行きの不確実性を高め望ましくない」
「具体的な出口戦略の手法などを論じるのは時期尚早」
「2%の物価安定目標は時間がかかるが実現できる」
「私の任期との関係で出口を考えることは適切ではない」
「ファンダメンタルズを反映し、安定推移が極めて重要」
「為替相場の短期間での過度な変動は望ましくない」
「為替相場の影響は変化しうる、きめ細かく点検していく」

ボレル欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表
ロシア産原油輸入停止協定が締結されることに楽観的

デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁
「ユーロ圏でリセッションの兆候は見えない」
「コモディティ価格の上昇が経済成長に打撃を与えた面が大きい」
「7月の利上げは今後の状況次第、自分の意見は言わない」

エルドアン・トルコ大統領
「スウェーデンとフィンランドのNATO加盟を支持しない」

カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
「インフレ低下のため必要な措置を講じる」
「インフレは高すぎる」

ナーゲル独連銀総裁
「ECBは7月利上げが可能性」
「利上げ時は金融安定を考慮する必要」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND