5月15日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 5月15日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2021年5月15日

5月15日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・昨日まで3日連続で大幅下落した反動から買い戻しが優勢となり、日経平均は一時700円近く上昇

・イスラエルとパレスチナ自治区ガザを実効支配するハマスとの戦闘が激化し、地域の混乱長期化への懸念が広がり、地政学リスクの高まりが避難通貨とされるスイスフランは強含み

・4月米小売売上高が予想を下回る内容だったことや、5月米消費者態度指数(ミシガン大調べ)速報値が82.8と予想の90.4を下回ったことが伝わると米長期金利の低下とともにドル売りが先行

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


5月15日6:00時点

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 

 5月15日6:00時点

 

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 S&P500日足チャート

 

 

 

 

 ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 

 

 銀価格チャート

 

 

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

材木価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎IMM通貨先物ポジション

 

 

FOREX WATCHER参照

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

ブラード米セントルイス連銀総裁
「夏まで非常に強い雇用市場を予測」
「パンデミックはまだ終わっていなく、いくつかの分野では労働者が復帰できると考えるのは時期尚早」
「金融政策は良い状態にある」
「パンデミック下である間は政策変更を求める準備はしない」

ホワイトハウス
「バイデン米大統領はホワイトハウスのインフラをめぐる会合で、共和党上院議員に 戦没将兵追悼記念日 (メモリアル・デー=5月31日)までに超党派による本当の進展が欲しいと伝えた」

英国の新型コロナウイルスワクチン担当相
「一部の地域では感染率が上昇し、インド型変異体が懸念されている」
「新しい変異体が深刻な状況をもたらすという証拠はない」
再開のためのロードマップは維持される

菅首相
「五輪について様々な声があるのは承知している」
「専門家から強いメッセージ必要との指摘があった(緊急宣言の追加判断について)」
「緊急事態宣言、5月末の期限であらためて判断」

メスター米クリーブランド連銀総裁
「今年はインフレ率が2%を超え、その後低下すると予想」
「我々はインフレ期待に焦点をあてている」

ジョンソン英首相
(6月が最終ロックダウン解除になるかの問いに)言うことはできない
インド変異株が将来のロックダウン緩和計画を阻む要因になるかもしれない
「昨年とはワクチンのおかげで状況が異なる」

 

欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨(4月22日分)

「ユーロ圏の成長見通しに対するリスクは、短期的には引き続き下振れ傾向にあるが、中期的にはバランスがとれている」

必要に応じてすべての金融政策を調整する準備をし続ける必要

為替レートのさらなる上昇はインフレ見通しに悪影響を与える可能性があ

 

 

 

 

RECOMMEND