5月18日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 5月18日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年5月20日

5月18日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・1-3月期豪賃金指数が前期比+0.7%、前年比+2.4%と予想を下回ったことで豪ドルは弱含み

・英国の4月の消費者物価指数が予想を下回ったことでポンドは売りで反応、

・ダウ平均が一時1200ドル超下落し昨年3月4日以来約1年2カ月ぶりの安値となったほか、S&P500種株価指数も約1年2カ月ぶりの安値を付け、ナスダック総合が5%超急落した

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 


5月19日6:00時点

 

 

 

 

 

 


5月19日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 


5月19日6:00時点

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

エバンズ米シカゴ連銀総裁
「インフレは明らかに高すぎる」
「2.25%-2.5%の中立レートへ迅速に利上げするべき」
「前倒しの利上げを支持」

レーン・フィンランド銀行(中央銀行)総裁
「マイナス金利からすばやく脱却する必要がある」
「最初の利上げは夏に実施される可能性が高い」

ミュラー・エストニア中銀総裁
「7月会合での25bp利上げを支持」
「今年中に金利がゼロ%を超えて上昇したとしても驚きではない」

イエレン米財務長官
「米国は市場が決めるドル交換レートにコミット」
「ドルが上昇していることを理解」
強いドルは他国にとって懸念材料」
「米国が景気後退に陥るとは思わないが、インフレによるリスクはある」

ジョーダン・スイス国立銀行(スイス中銀、SNB)総裁
「SNBがその使命を果たすためにはマイナス金利と通貨介入を行う必要がある」
「スイスフランは安全な避難通貨」
「金融政策を決定する際には、海外の高いインフレ率も考慮」
「スイスのインフレ率は一時的に目標を上回るが、すぐに低下する

エバンズ米シカゴ連銀総裁
「年末までに中立水準に金利を引き上げたい」
「2.00-2.50%の範囲が中立とみられる」
「中立水準になると、FRBは0.25%の利上げに移行する可能性」
「FRBは中立水準に向けて迅速に動いている」

サリバン米大統領補佐官(国家安保問題担当)
「バイデン大統領は日本滞在中にインド・太平洋経済枠組みを立ち上げる」
「大統領は、日本との同盟関係は史上最高だと考えている」

ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁
「6月と7月に0.50%の利上げを見込む」
「その後は抑制されたペースでの利上げを予想」
「今年の米GDP成長率を3%前後と予想」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND