5月21日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 5月21日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2021年5月22日

5月21日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・日経平均は前日の米国株高を好感して買いが先行、一時は上げ幅を310円超に拡大する場面も見られたものの、沖縄県に緊急事態宣言の対象が拡大する見通しとなっているほか、東京都などの宣言期間が延長されるとの見方が広がっていることで上値を抑えられた

・5月米製造業・サービス部門PMI速報値が予想を上回ったことが分かるとドル買いで反応

・カプラン米ダラス連銀総裁とハーカー米フィラデルフィア連銀総裁が「テーパリングに向けた協議の開始は遅いよりは早い方が良い」との考えを示したこともドル買いの追い風要因

・中国金融安定発展委員会が金融リスク防止・管理に向けて、ビットコインのマイニング(採掘)や取引を取り締まる方針を改めて表明したことが嫌気されビットコインは大幅安

・仮想通貨のビットコインが11%超下落すると投資家心理が悪化し、ハイテク株などに売りが出て、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は反落

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


5月22日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 

 5月22日6:00時点

 

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 S&P500日足チャート

 

 

 

 

 ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 

 日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 

 銀価格チャート

 

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

材木価格チャート

 

 

 

 

 

 

◎IMM通貨先物ポジション

 

 

 

FOREX WATCHER参照

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

バイデン米大統領
「イスラエル首相は2時間以内のガザ停戦開始を表明」
米国がイスラエルの防空システムを支援すると首相に約束

ロバートソン・ニュージーランド(NZ)財務相
中国との関係が非常に重要
「有利子債務の目標を設定することは時期尚早」
「2022年に国境のさらなる開放を希望」

ヤンソン・リクスバンク(スウェーデン中銀)副総裁
エネルギー価格を除いたインフレ率は目標に近づいている、これは良いニュースだ
インフレ率が目標を上回っても、すぐに行動するのではなく慎重になるべきだ

菅首相
「沖縄の緊急事態宣言追加を決定」
「期間は23日から6月20日まで」

サンチェス・スペイン首相
「5月24日から健康管理なく、英国からの観光客を大いに喜んで迎え入れる」
「6月より米国を含めワクチンを受けている観光客の入国を認める

ソルベルグ・ノルウェー首相
「政府はもう国内旅行に反対をしない」
「5月27日から新型コロナウイルス規制を緩和をする」

ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
最近の利回り上昇を認識しており、注意深く監視している
「回復には不確実性が残る」
コロナ前の水準に戻るのは2022年になる

ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁
「テーパリング開始前に労働市場の継続的な回復を確認したい」
「インフレ率が時間の経過とともに平均2%になることを期待」

バーキン米リッチモンド連銀総裁
「インフレ率は今年上昇し、2022年には正常に戻る可能性」

カプラン米ダラス連銀総裁
テーパリング協議開始は遅いよりは早い方が良い

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND