5月24日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 5月24日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年5月25日

5月24日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・5月英PMI速報値は、製造業が54.6と予想よりやや弱く、サービス部門PMIは51.8と予想57.0を大きく下回りポンドは急落

・4月米新築住宅販売件数などの米経済指標が軒並み市場予想より弱い結果となり、米長期金利が急低下し米10年債利回りが2.71%台まで低下するなか、一時126.36円と4月18日以来の安値を更新

・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁など複数のECBメンバーからタカ派的な発言が相次いだため、ユーロは底堅く推移しユーロドルは一時1.0749ドルと4月25日以来の高値を更新

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


5月25日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 


5月25日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


5月25日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

CCRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

デイリー米サンフランシスコ連銀総裁
「インフレは高すぎる」
「米経済には勢いがある」
「リセッションを予想しない」
「FRBはインフレ抑制にコミット」
「経済を抑制も刺激もしない水準に金利を引き上げている」

ジョージ米カンザスティ連銀総裁
「インフレ率は高すぎるため、目標の2%に戻すことが最優先課題
「政策金利は8月までに2%前後になると予想」
「戦争や中国のロックダウンがインフレを若干押し下げる可能性」

アルバニージー豪首相
「オーストラリアはクアッドにコミット」
「新政権のアジェンダはクアッドと合致」

バイデン米大統領
「台湾に関するあいまいな戦略政策に変更はない」

モディ・インド首相
「米国との通商関係、潜在力を下回っている」
「防衛での共通措置で米国との関係強化された」
「インド太平洋での類似した見解を米国と共有」

格付け会社フィッチ・レーティングス
「豪新政権が気候変動に焦点を当てており、豪財政の見通しは安定的」

ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
第3四半期末の金利はプラスに転じる可能性が高い
金利はゼロかそれより少し上であればいい
「利上げのためのパニックモードにはなっていない」
「ユーロ相場の動向を注視している」
「欧州中央銀行(ECB)は、ユーロ圏のリセッション(景気後退)は想定していない」
「夏に向けてサービス業が回復すれば、景気下押し要因に対抗できる」

ビルロワドガロー仏中銀総裁
50ベーシスポイントの利上げはECB内のコンセンサスではな
「来年のある時期に中立金利になると見込む」
「インフレ率は2年以内に2%に戻ると予想」

ストルテンベルグNATO事務総長
「NATO同盟国はトルコに寄り添い、その懸念に対処する必要がある」
フィンランドとスウェーデンをNATOに迎え入れることができると確信

ホルツマン・オーストリア中銀総裁
7月会合で0.5%の利上げが適切かもしれない
「厳格なフォワードガイダンスはもはや意味をなさない」
「金利がプラス圏で年を越すことが極めて重要」

ドムブロフスキス欧州委員会副委員長
「欧州経済は回復力はあるものの、成長率は鈍化する見込み」

カザークス・ラトビア中銀総裁
ECBは50bpの利上げを排除すべきではない
ECBは7月と9月、10-12月期にも1回の利上げを行うと予想

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND