5月5日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 5月5日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2021年5月6日

5月5日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・4月米ISM非製造業指数が62.7と予想の64.3を下回ったが反応は限定的

・レーンECB専務理事兼チーフ・エコノミストは講演で「ワクチン普及や経済の制限解除は3月見通しに織り込まれている」と述べ、債券購入の削減についても「インフレや資金調達の状況次第」として、慎重な姿勢を示した

・市場の一部では「英中銀金融政策委員会(MPC)でテーパリング議論の開始」を予想、また6日投票のスコットランド地方選で英国からの独立を目指すスコットランド民族党(SNP)が過半数に届かない見込みだと伝えられたことなどを背景にポンドが買われる場面もあった

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


5月6日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 

 5月6日6:00時点

 

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 

 

 銀価格チャート

 

 

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

材木価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
「完全雇用の達成には、数年を要するかもしれない」

イラク治安部隊
過激派からの攻撃により、キルクークの北西にある2つの油井で石油生産が停止

ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁
「FRBの債券購入は金融政策の重要な部分を占めている」
「株式や住宅市場の上昇は現在の金融安定性に対する重大なリスクにはならない」
今年のインフレ率は2%以上になると予想しているが、一時的なものだろう
インフレ率がどの程度まで上昇すれば政策変更を促すことができるかについて、線引きをするつもりはない
「インフレ率が高くなりすぎた場合、FRBには対応する能力がある」

ジョンソン英首相
「2度目のスコットランド独立は無謀」
スコットランドのほとんどの人が、今は2回目の独立住民投票の時期ではないと感じている

レーン欧州中央銀行(ECB)専務理事兼チーフ・エコノミスト
ワクチン普及や経済の制限解除はECB3月見通しに織り込まれている
「来年のインフレは1%台前半を予測」
「債券購入の削減はインフレや資金調達の状況次第」

エバンズ米シカゴ連銀総裁
「FRBの政策は当面の間、維持される見通し」
「成長見通しについて非常に楽観的」
「見通しは数カ月前よりも前向き」
「インフレ目標の達成はより困難になる可能性」

ローゼングレン米ボストン連銀総裁
「失業率は2022年末までに完全雇用の範囲になると予想」
「FRBはインフレが問題になった場合に対応するための手段がある」

メスター米クリーブランド連銀総裁
「インフレや金融の安定リスクがない場合は強い雇用市場に行動しない」
「フォワードガイダンスは、改訂された金融政策戦略と完全に一致
「全体的な金融安定リスクは中程度」
「年末時点で失業率は4.5%と予想」

ホワイトハウス
「新型コロナワクチンの知的財産権の放棄を支持するかどうか、近く決定する」
「バイデン大統領は選挙時に権利放棄を支持していた」
「目標は国際社会にできるだけ早くワクチンを提供すること」

ラーブ英外相
「中国に対して建設的で調整されたアプローチを求める」
「G7の価値観を支持する国を拡大しなければならない」

米通商代表部(USTR)
「新型コロナウイルスワクチンに対する知的財産権放棄を支持」
「権利放棄に関する交渉には時間がかかる」

クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長
テーパリングについて議論する時期ではない
「実際の失業率はまだ10%に近い」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND