5月5日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 5月5日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年5月6日

5月5日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・英MPCは政策金利を市場予想通り現行0.75%から1.00%に引き上げることを決定、利上げは4会合連続で、利上げ決定は全会一致(ソーンダース、マン、ハスケルの3名は0.5%利上げ支持)

・MPCのメンバー6人は0.25%の利上げを支持、残り3人は0.50%の利上げを支持したことで、発表直後は英金利上昇・ポンドは小幅に買われたが、同時に発表された議事録でBOEが2023年は経済が縮小する(GDPを-0.25%と予測)との見解などが示されると、英10年債利回りは1.97%台から1.80%台まで急低下しポンドは大幅下落

・NY市場では「インフレ抑制のためFRBが金融引き締めを進めることに変わりはない」との見方が盛り返し、米10年債利回りが3.1057%前後と2018年11月以来約3年半ぶりの高水準を更新

・長期金利が急上昇し、投資家心理を測る指標になる米株の変動性指数(VIX)が33台に急伸すると投資家心理が悪化し米株は売りが加速しダウ平均の下げ幅は一時1300ドルを超える場面があった

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


5月6日6:00時点

 

 

 

 

 


5月6日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


5月6日6:00時点

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

ノルウェー中銀(ノルゲバンク)声明
 「最近の国内物価の上昇率は予想よりやや低いが、賃金と輸入価格の上昇が今後の基礎インフレ率を押し上げると予想」
「ノルウェーの物価と賃金インフレが加速するリスクも懸念」
「目標付近にインフレを安定させるためには、やや先行した政策金利の上昇が示唆される」
「インフレ高が持続する見込みであれば、政策金利は3月の政策金利予想で示されたよりも迅速に引き上げられる可能性」

 レーンECB専務理事兼チーフ・エコノミスト
「パンデミック前のインフレトレンドに戻る可能性は低い」

英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
引き上げを全会一致で決定
「今後数カ月である程度の更なる引き締めが適切かもしれない」
MPCのメンバー6人は0.25%の利上げを支持、残り3人は0.50%の利上げを支持
「1年後のインフレ予測は+6.65%(前回は5.21%)」
「2年後のインフレ予測は+2.14%(前回は2.15%)」
「3年後のインフレ予測は+1.30%(前回は1.60%)」
GDP見通しは2022年を+3.75%(前回は+3.75%)、2023年を-0.25%(前回は+1.25%)、2024年を+0.25%(前回は+1.00%)

ベイリー英中銀(BOE)総裁
「ロシアのウクライナ侵攻以来、世界のインフレ圧力は急激に強まっている」
「英国のインフレ率は短期的には目標を大きく上回り、その後目標を下回る」
「インフレに対するリスクは上方に偏っているが、インフレが低下するときは急速に下げるだろう」
「BOEが保有する国債の積極的な売却を行うかどうかは決定していない」
BOE予測はリセッションの定義に合致しないが、非常に急激な経済成長の減速
「労働市場は非常にタイト」
「我々はもっと金利を上げるべきだと考える人々に同意しない」
「政府の財政政策がどうあるべきかを示唆しない」

ホルツマン・オーストリア中銀総裁
「今年利上げを行う予定であり、利上げ幅や時期については6月会合で議論」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND