5月9日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 5月9日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年5月10日

5月9日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・英領北アイルランド自治議会選挙で、南北アイルランドの統一を標榜していたカトリック系シン・フェイン党が第1党となった

・米長期金利の上昇が投資家心理の重しとなったほか、上海などでロックダウン(都市封鎖)が続いていることから中国経済の減速懸念を意識した売りが進み、ロシアが戦勝記念日の祝日を迎えるなか、ウクライナ情勢への懸念が高まっていることもあり、日経平均は一時690円超安まで下げ幅を拡大

・プーチン露大統領は戦勝記念日での演説で西側諸国や北大西洋条約機構(NATO)の非難を繰り返し、「特別軍事作戦は必要かつ適宜にかなった措置で、唯一の正しい判断」と発言、露大統領の発言で「特別軍事作戦」から「戦争宣言」へのフェーズの変更とはならなかったことで、徐々にユーロは買い戻しが優勢

・ドル円はアジア時間に一時131.35円と2002年4月以来約20年1カ月ぶりの高値を付けたものの、欧米市場に入ると利食い売りなどが優勢となり、一時130.12円と日通し安値を付けた

・米連邦準備理事会(FRB)による積極的な金融引き締めを警戒した売りが継続、上海などでロックダウンが続いていることから中国経済の減速懸念を意識した売りもあり、ダウ平均は一時770ドル超下落し昨年3月9日以来1年2カ月ぶりの安値を更新、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も大幅に3日続落し、20年11月以来約1年半ぶりの安値で取引を終了

・インフレ抑制のためFRBが金融引き締めを積極的に進めるとの見方から、時間外取引では債券売りが優勢となり、米10年債利回りは一時3.2006%前後と18年11月以来の高水準を付けた

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


5月10日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 


5月10日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


5月10日6:00時点

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

岸田首相
「G7の結束が何より重要、ロシア産石油の原則禁輸措置取ることにした」
「石油の輸入の削減・停止の時間、時間をかけてフェーズアウトのステップを取っていく」
「原発再稼働は安全性最優先の方針全く変わらない」

レーン・フィンランド銀行(中央銀行)総裁
「7月の利上げ、そして秋までにはゼロ金利に戻すのが望ましい」

プーチン露大統領
「西側諸国はロシアの話を聞こうとしなかった」
「西側は我々の領土を侵攻する準備をしていた」
「北大西洋条約機構(NATO)は我々の国境を威嚇した」
「ドンバスの志願兵とロシア軍は彼らの領土のために戦っている」
特別軍事作戦は必要かつ適宜にかなった措置で、唯一の正しい判
「敵はロシアに対してテロリストを使おうとした」

バレ・デ・アルメイダ駐英欧州連合(EU)大使
EUは北アイルランド議定書についての話し合い再開は始められ
EUは北アイルランド議定書の再交渉の準備はできていない。我々は問題を平和的に相互間で同意する必要がある

ボスティック米アトランタ連銀総裁
「サプライチェーンは緩和の兆しを見せ始めている」
0.50%の利上げを継続することが望ましい。それより大幅な利上げの必要はない
「2-3回の0.50%の利上げの可能性があると見ている」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND