6月10日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 6月10日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年6月11日

6月10日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・財務省・金融庁・日銀の3者会合声明で「為替相場、急速な変動は望ましくない」などと発表されたことで円買いに反応し、神田財務官が最近の円安について“憂慮”というこれまで使わなかった文言で表現したことも円買いの追い風となり、ドル円は一時133.37円まで値を下げた

・5月米消費者物価指数(CPI)が予想を上回り、約40年ぶりの伸びを記録したことが分かると、米長期金利の上昇とともにドル買いが活発化、米長期金利の指標である米10年債利回りは一時3.1761%前後と5月9日以来約1カ月ぶりの高水準を付け、ユーロ売り・ドル買いを促し、ユーロドルは一時1.0506ドルと5月19日以来の安値を付けた

・米財務省は為替報告書を公表し、制裁の検討対象となる「為替操作国」への認定国・地域はなかったが、日本や中国、韓国など12カ国を通貨政策の「監視対象」に指定

・日本の為替介入については「非常に例外的な状況に限られるべき」とする従来の主張を繰り返し、スイスについては為替操作国の認定基準を満たしており、分析を強化した上で2カ国間で協議するとし

・5月米CPIが約40年ぶりの伸び率を記録したことで、インフレ高進と景気減速懸念が高まり株式への売りが膨らみ、ダウ平均が880ドル超下落するなど株式市場は軟調、欧米株相場も軟調に推移しドイツ株式指数が3%超急落

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


6月11日6:00時点

 

 

 

 

 

 


6月11日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 


6月11日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎IMM通貨先物ポジション

 

 

http://www.forexwatcher.com/cmepos.htm

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

鈴木財務相
「為替の安定が重要」
「急速な変動は望ましくない」
「為替市場の動向、経済への影響を注視している」

ロバートソン・ニュージーランド(NZ)財務相
「NZ準備銀行(RBNZ)はインフレと戦う中央銀行であり続ける」

ビルロワドガロー仏中銀総裁
「インフレは高すぎるだけでなく、広範囲にわたっている」
「エコノミストが中立金利と称する水準に達するまで、段階的に利上げする見込み」
「中立金利は1%から2%の間」

ナーゲル独連銀総裁
「ユーロ圏のインフレ率は自然に低下しない、断固としたECBの行動が必要」
「独連銀は、22年の独インフレ率を7.1%と予測(従来予測は3.6%)」
「23年の独インフレ率予測、従来の2.2%から4.5%に上方修正」
「22年の独GDP見通しは従来4.2%から1.9%に引き下げ、2023年は2.4%成長見込み」

神田財務官
最近の為替市場では急速な円安進行がみられ、憂慮している
「為替の急速な変動は望ましくない」
「為替相場はファンダメンタルズに沿って安定的に推移することが重要」
急速な円安進行を踏まえ3者会合を実施した

財務省・日銀・金融庁の三者会合声明
「為替相場、ファンダメンタルズに沿って安定推移が重要」
「為替相場、急速な変動は望ましくない」
政府・日銀、緊密に連携しつつ為替市場の動向や経済・物価への影響をいっそうの緊張感持って注視
各国通貨当局と緊密な意思疎通図りつつ、必要な場合には適切な対応

ホルツマン・オーストリア中銀総裁
「9月の利上げは少なくとも0.25%。0.50%かその中間もありえる」
「中立金利の予測は1.5%近辺」
「インフレが改善されない場合は9月会合でもっと大きな行動が必要」
「0.25%の利上げはテストには良い」

イングランド銀行(英中銀、BOE)
「調査によれば、今後1年間のインフレ予想の中央値は、22年2月予想の4.3%から4.6%に上昇」

カザークス・ラトビア中銀総裁
「漸進的な利上げは、ゆっくりなという意味ではない」

バイデン米大統領
「インフレ低下のためやるべきことをする」
「石油業界と協力し米国の原油産出量を増やす」
「石油、ガス会社は過剰な利益を上げてはならない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND