6月13日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 6月13日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年6月14日

6月13日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・昨日行われたフランス国民議会(下院、577議席)選挙の第1回投票で、マクロン大統領率いる与党連合が過半数獲得に向けて苦戦を強いられる見通しと報じられたことでユーロの上値が重くなっている

・ドル円は一時135.19円まで上昇し、2002年高値135.15円を上回り1998年以来の高値を更新

・アジア時間に1998年以来の高値を更新した達成感や、黒田日銀総裁の円安けん制発言を手掛かりにドル円は下落し、一時は134.43円付近まで弱含む場面も見られたが東京市場後半で時間外の米10年債利回りが2018年11月以来の水準となる3.24%台まで上昇した影響から、その後は134.70円台まで下げ渋っ

・前週末発表の5月米消費者物価指数(CPI)を受けて、米連邦準備理事会(FRB)が金融引き締めを加速するとの警戒が強まり、米国株式市場はじめ世界的な株価下落に繋がった

・ダウ平均は大幅に4日続落し、一時1000ドル超の下落する場面もあり昨年2月1日以来約1年4カ月ぶりの安値を更新、ナスダック総合株価指数も大幅に4日続落し、2020年9月以来約1年9カ月ぶりの安値で取引を終了

・米2年債利回りは3.4128%と2007年11月以来の高水準を付けたほか、米10年債利回りは3.4365%前後と11年4月以来の高水準を記録

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


6月14日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 


6月14日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 


6月14日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

松野官房長官
「為替はファンダメンタルズに沿って安定的に推移するのが望ましい」
「急速な円安進行がみられ憂慮している」
「日銀と連携しつつ市場動向や物価への影響を一層の緊張感をもって注視」
「米為替報告書は、なんら新たな見解示されたものではない」
「為替、米国など各国と緊密な意思疎通図りつつ、必要な場合は適切な対応とりたい」

黒田日銀総裁
「為替はファンダメンタルズに沿って安定推移が重要」
「最近の急激な円安の進行は経済にマイナス、好ましくない」
「政府と緊密に連携しつつ為替市場動向を十分に注視」

鈴木財務相
「為替介入についてはコメント差し控える」
「円安にはプラス面・マイナス面の両面あるが、ややマイナス面が出ている」

トラス英外相
シェフチョビッチ欧州連合(EU)副委員長と北アイルランド議定書について話し合ったが、英国は交渉での解決を望んでいる
EUが議定書そのものを変更しなくてはならない

ハベック独経済相
「今、金利が引き上げられることは正しい」
「現在のインフレは、マネーサプライではなくエネルギー価格が主因」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND