6月16日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 6月16日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年6月17日

6月16日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・スイス国立銀行(中央銀行)は政策金利の中心値を従来の-0.75%から-0.25%に引き上げ(市場予想は据え置き)、スイス中銀は声明で「インフレを安定させるため、当面は政策金利の更なる引き上げが必要となる可能性を否定せず」と言及するなど、今後の追加利上げの可能性も示唆するとスイスフランは急ピッチで買いが進み、ユーロCHFは4月19日以来の安値となる1.0169CHFまでユーロ安・CHF高が進行

・英中銀金融政策委員会(MPC)は、市場予想通りに政策金利を現行1.00%から1.25%に引き上げ、MPC議事要旨では9人のメンバーのうち3人が0.50%の利上げを支持していたことが明らかになったほか、「より持続的なインフレの兆候を特に警戒し、必要であればインフレに対して力強く行動する」との見解が示された

・前日の米連邦準備理事会(FRB)に続き、本日はスイス国立銀行(SNB)や英中銀(BOE)が利上げを決定したことで世界中で積極的な利上げが進む中、世界経済の急速な冷え込みを警戒した投資家のリスク回避目的の円買い・ドル売りが優勢となり、ドル円は一時131.50円まで値を下げた

・市場では「世界的な金融引き締め加速で、日銀がイールドカーブ・コントロール(長短金利操作、YCC)を一部修正するとの思惑が浮上している」「SNBのサプライズ利上げのように、日銀も政策修正のサプライズがあるかもしれない」との声も聞かれ、円買いの要因となっている

・ダウ平均は大幅に反落し、2020年12月以来約1年半ぶりの安値となり、節目の30,000ドルを割り込んだ

・S&P500も1年半ぶりの安値を更新、ナスダック総合指数も20年9月以来約1年9カ月ぶりの安値で取引を終了

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


6月17日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 


6月17日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


6月17日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

松野官房長官
「日銀には政府との連携のもと適切な金融政策の運営を期待」

デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁
「我々は、ユーロ圏域内利回り格差の緩和に取り組むことを決意した」

スイス国立銀行(中央銀行、SNB)声明
インフレ圧力の高まりに対抗するため金融引き締めを実施
インフレを安定させるため、当面は政策金利の更なる引き上げが必要となる可能性を否定せず
「適切な金融環境を確保するため、必要に応じて外国為替市場にも積極的に関与」
住宅ローンと不動産市場の動向を引き続き注視
「ウクライナでの戦争、スイス経済活動への悪影響は比較的少ない
「欧州エネルギー供給に悪影響が生じた場合、スイス経済に深刻な影響が及ぶ可能性」

ビルロワドガロー仏中銀総裁
「ECBは漸進的かつ持続的に利上げを行う」
「ECBにはインフレ率を2%に回帰させる能力および意思がある

ジョーダンSNB(スイス国立銀行)総裁
「スイスフランが下落すれば外国通貨売却を検討する可能性がある
「スイスにおけるインフレの進展を無視することは怠慢」
本日の決定は、フランがもはや高く評価されていないという判断を反映
為替レートの推移は引き続き注視していく

英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
「必要であればインフレに対して力強く対応する」
MPCのメンバー6人は0.25%の利上げを支持、残り3人は0.50%の利上げを支持
インフレは10月に11%超でピークと予想
「BOEはより持続的なインフレの兆候を特に警戒」

ビスコ伊中銀総裁
「金融正常化は引き続き段階的だと思う」
「早急な金融正常化は財政的な安定性を危険にさらす」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND