6月17日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 6月17日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2021年6月18日

6月17日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・1-3月期NZ国内総生産(GDP)が予想を上回る結果だったことを受けてNZドル買いで反応

・5月豪雇用統計で新規雇用者数が予想を大幅に上回り、内訳でも正規雇用者数が増えるなど内容が良かったうえ、失業率も予想より改善したことで豪ドル買いで反応

・レーンECB専務理事兼主任エコノミストのハト派寄りの発言がユーロの重し

・米10年債利回りが1.47%台まで急低下したことが重しとなり、ドル円は一時110.17円まで安値を更新

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 


6月18日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 

 6月18日6:00時点

 

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 S&P500日足チャート

 

 

 

 

 ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 

 

 銀価格チャート

 

 

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

材木価格チャート

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

ブラジル中銀声明
「次回会合で同程度の政策調整を見込む」
「インフレ期待の悪化は、金融刺激策のより強力な縮小を必要とする可能性」
「次の会合での利上げは、経済活動の発展、リスクのバランス、インフレ期待に依存」
「今回の利上げは全会一致」
「予想以上に強いインフレ圧力が持続する」

マックレム・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁
景気回復は順調に進んでいるが、完全な回復にはなお時間が必要
「新型コロナの第3波が回復の妨げ」
全体的に住宅市場はよりバランスのとれた状態になるだろうが、引き続き注視
量的緩和プログラムの一段の調整は段階的なものに

ロウ豪準備銀行(RBA)総裁
債券買い入れの終了検討は時期尚早
「債券買い入れは経済全体の資金調達コストを押し下げ、豪ドル安につながった」
2024年の利上げシナリオもあるが、利上げしない場合もある
「経済はまだ回復段階にある」

田村厚生労働相
「東京などの緊急事態解除の政府案、原案通りで分科会が了承」

スイス国立銀行(中央銀行、SNB)
「短期的にはGDPは大幅に増加し、失業率は低下すると予想」
「これまでのところ、経済と金融セクターは頑強であることが示された」

レーンECB専務理事兼主任エコノミスト
パンデミック緊急資産購入プログラム(PEPP)の終了についての議論は不要であり、時期尚早
欧州中央銀行(ECB)は、パンデミック緊急資産購入プログラム(PEPP)の金額を固定していない

スイス国立銀行(中央銀行、SNB)声明
スイスフランは依然として過大評価されている
「必要ならば、為替市場に介入する」
「2021年の国内総生産(GDP)見通しは+3.5%程度」
「2021年央までには、危機以前の成長率を回復する見通し」

ホールデン英MPC委員
「英国の生産水準は、コロナ禍以前の水準まで回復しつつある」

ジョーダンSNB(スイス国立銀行)総裁
過大に評価されたスイスフランは、インフレを鈍化させる

トルコ中銀声明
「トルコ国内の経済活動は力強い。海外からの需要も旺盛」
「現状の経常収支の改善は継続する見通し」
「現状の金融政策は、インフレ見通しが改善されるまで継続」

イエレン米財務長官
「ハイパーインフレのリスクはないと思う」

ワイトマン独連銀総裁
パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)は間もなく終了するはず
「パンデミックが終わったらPEPPを終了する必要がある」
「ドイツのインフレは一時的なもの」
「ドイツでの過剰な賃金上昇の兆候はない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND