6月21日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 6月21日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年6月22日

6月21日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・日米金融政策の方向性の違いに着目した円売り・ドル買いが優勢となり、ドル円は取引終了間際に一時136.70円と1998年10月以来約24年ぶりの高値を付けた

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


6月22日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 


6月22日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 


6月22日6:00時点

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

レーンECB専務理事兼主任エコノミスト
「経済が予想以上に鈍化すれば利上げ経路は減速するだろう」
マイナス金利がもはや適切ではないことは明確

ロウ豪準備銀行(RBA)総裁
「(6月の)0.50%利上げはインフレ加速の予想に対応したもの」
「インフレ率は10-12月期に7%前後でピークに達すると予想
「インフレ率を2-3%の目標レンジに戻すために必要な対応を取る」
「6月の会合では0.25%の利上げか0.50%の利上げかについて議論があった」
7月の会合でも0.25%の利上げか0.50%の利上げかについて議論が交わされるだろう
年末までに4%のキャッシュレートの可能性が高いとは思わない
「安定的な豪州の賃金上昇は約3.5%」
賃金上昇が4-5%になった場合は、CPIを引き下げるのが難しくなる
「市場が示しているような利上げの軌道になる可能性はあまり高くない」

岸田首相
「金融政策は今の状況を維持、具体的なことは日銀が判断」
「金融政策と為替に対する反応はそれぞれ整理して政策を考えるべき」
「急激な円安は懸念すべきもの」

ピル英中銀金融政策委員会(MPC)委員兼チーフエコノミスト
「英国経済は大きなショックに見舞われている」
「エネルギーと商品価格の上昇がインフレ率を押し上げる」
必要なら一段と積極的な行動の用意
金融政策の更なる引き締めが必要
「金利がインフレに影響を与えるには12-18カ月かかる」
「為替レートを考慮する必要」

カジミール・スロバキア中銀総裁
「7月、9月の利上げを予想」
マイナス金利は9月で歴史となるはず

レーン・フィンランド銀行(中央銀行)総裁
「ユーロ圏のインフレは、広範かつ強力になりつつある」
「インフレ率の上昇が、欧州中央銀行(ECB)に金融政策正常化を促している」
9月の欧州中央銀行(ECB)理事会での利上げ幅は0.25%より大きい見通し
「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)で購入した債券の満期償還金再投資は柔軟に行われる」

バーキン米リッチモンド連銀総裁
「インフレ率は高く、幅広い」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND