6月29日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 6月29日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年6月30日

6月29日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・6月独消費者物価指数(CPI)速報値は前月比・前年比ともに市場予想を下回る結果が発表されたことでインフレ加速が一服するとの観測から欧州債利回りが低下しユーロ売りが進んだ

・1-3月期米国内総生産(GDP)確定値や同個人消費などが下方修正された

・6月に続き7月の米連邦公開市場委員会(FOMC)でも0.75%の大幅利上げの可能性が意識される一方、日銀は大規模な金融緩和策を維持するとの見方から、日米金融政策の方向性の違いに着目した円売り・ドル買いが優勢となり、23時過ぎにドル円は一時137.00円と1998年9月以来約24年ぶりの高値を更新

・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長はこの日、欧州中央銀行(ECB)年次フォーラムで「米経済は力強い状態にあり、FRBは堅調な労働市場を維持しながらインフレを2%に戻すことができるが、ここ数カ月この任務は難しさを増している」などと発言

・米国株式市場はパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の発言からFRBは景気よりも物価を優勢させると受け止められ、FRBによる金融引き締め加速が景気悪化を招くとの懸念から売りが進んだ

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


6月30日6:00時点

 

 

 

 

 

 


6月30日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 


6月30日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

レーンECB専務理事兼主任エコノミスト
「インフレ高進と低成長という2つのリスクに直面しつつある」

習中国国家主席
「ゼロコロナ政策は中国にとって最も経済的かつ効果的」
「中国はゼロコロナ目標を実現する能力がある」

シムカス・リトアニア中銀総裁
「データが悪化すればオプションとして7月の50bp利上げを求める」
「9月会合では50bpの利上げとなる可能性が非常に高い」

メスター米クリーブランド連銀総裁
「高インフレは消費者信頼感を曇らせている」
「年内に多少の成長減速を予測」
「インフレ抑制には金利の上昇が非常に重要」
「米インフレ率はこれからさらに加速の可能性もある」
「金利はもっと通常の水準に向かっている」
「米金利は来年4%を上回ること望む」
「米経済のリセッション入りは予想していない」

ウンシュ・ベルギー中銀総裁
「来年3月までの150bp利上げは妥当」
「7月会合での25bpの利上げは既成事実と想定している」

ベイリー英中銀(BOE)総裁
インフレの持続性が高まれば、より力強く行動する必要がある
「インフレを低下させることが課題」
「為替レートをターゲットとしない」
「ポンドの動きは驚きではない」

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
「我々の目標は成長を緩やかにすること」
「強い労働市場でも2%のインフレ回帰の道筋はあるが、道筋は狭い」
「家計は全体的に強い状態にある」
FRBがソフトランディングを達成できるという保証はない
「ドルは強くなっている。ディスインフレ的な傾向」
我々はドルの水準に責任を負わない

ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
「低インフレの環境に戻る可能性は低い」
「インフレ期待は以前よりはるかに高い」
「7月にどうなる可能性があるかすでに明確に示している」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND