6月8日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 6月8日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年6月9日

6月8日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・黒田日銀総裁が「為替の経済への影響踏まえて金融政策運営する必要」「急激な円安について様々な批判や不満が表明されているのは承知」「日銀は緩和継続で経済を支える必要がある」「為替レートは日銀の政策のターゲットではない」などと発言したことで円安が進んだ

・米10年債利回りが3.04%前後まで上昇したことを受けドル買いが進み、ドル円は一時134.47円と2002年2月以来20年4カ月ぶりの高値を更新

・アラブ首長国連邦(UAE)石油相の発言「原油価格はまだピークに達していない」が伝わり、米エネルギー省(EIA)の週間石油在庫で、ガソリン在庫が予想に反して取り崩しとなったことが材料視され、今後も需給が引き締まるとの見方から一時は123.18ドルまで上昇する場面も見られた

・欧州中央銀行(ECB)がインフレに対応するため金融引き締めを急ぐとの見方が強まる中、独10年債利回りが一時1.363%前後と14年6月以来8年ぶりの高水準を記録したことでユーロ買いが進み、ユーロ円はに一時144.25円と15年1月以来7年5カ月ぶりの高値を付けた

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


6月9日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 


6月9日6:00時点

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


6月9日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

黒田日銀総裁
「家計が値上げ受け入れたとの表現適切でなかった、誤解を招き申し訳ない」
「家計は苦渋の選択として値上げを受けて入れていること十分認識している」
「家計が値上げ受け入れているとの発言は撤回する」
現在の緩和続け、賃金が上昇しやすい環境醸成に貢献したい
「資源価格上昇で海外に所得流出、良好なマクロ環境実現できる不確実性は高い」
賃金上昇を伴い物価が2%に到達することが目標
コスト・プッシュ型のインフレは悪い物価上昇であり、長続きしない
「円安の日本経済への影響、さまざまなマクロモデルでもプラスと出ている」
「円安の影響、全体としてプラスだが影響は業種によって不均一であること指摘している」
「短期間の大幅な為替変動、企業の事業計画策定を困難にし望ましくない」
為替の経済への影響踏まえて金融政策運営する必要
「急激な円安について様々な批判や不満が表明されているのは承知
日銀は緩和継続で経済を支える必要
「日本経済はまだパンデミックからの回復途上にある」
為替レートは日銀の政策目標ではない
金融緩和はまだ半ば、完全に成功していない
「日銀は安定的な物価目標を達成していない」

鈴木財務相
「円安は賃上げの力が弱い状況下ではマイナス面ある」
「円安方向の動きにはプラス、マイナス両面がある」
「日銀保有の国債を債務残高から除外する考えはない」

OECD(経済協力開発機構)
「2022年世界成長率見通しを前回の+4.5%から+3.0%、2023年を+3.2%から+2.8%に下方修正」
「2022年米成長率見通しを前回の+3.7%から+2.5%、2023年を+2.4%から+1.2%へ下方修正」
「2022年ユーロ圏成長率見通しを前回の+4.3%から+2.6%、2023年を+2.5%から+1.6%へ下方修正」

アラブ首長国連邦(UAE)石油相
原油価格はまだピークに達していない

イエレン米財務長官
米インフレ、現在の8%は許容できない
「FRBの目標である2%が適切」
「現在のインフレ環境下では赤字削減を継続することが重要」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND