7月12日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 7月12日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年7月13日

7月12日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・日米財務相共同声明では「G7・G20のコミットメントに沿って引き続き為替市場に関して緊密に協議し為替問題で適切に協力」ととの見解が示されたほか、鈴木財務相からは「為替について日本の立場を説明して、イエレン氏に理解して頂いた」などの発言も伝わると、ドル円は一時136.80円まで本日安値を更新

・1ユーロ=1ドルのパリティ(等価)割れを狙った仕掛け的な売りが継続的に入り、19時前に一時1.0000ドルと2002年12月以来の安値を更新

・石油輸出国機構(OPEC)月報で、来年の世界の石油需要増加が、今年を下回る増加幅にとどまるとの見通しが示されたことで原油は売られ、100ドルの節目を下抜け、ザラ場で6日以来の安値水準95ドル台をつけた

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


7月13日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 


7月13日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


7月13日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

米ホワイトハウス報道官
(13日発表の)6月米CPIは非常に高い水準が予想される

鈴木財務相
「最近の為替市場で急速な円安進行がみられ、憂慮している」
「為替はファンダメンタルズに沿って安定推移することが重要」
「各国通貨当局と緊密な意思疎通を図り、必要な場合には適切に対応」
「過度な変動や無秩序な動きは経済金融に悪影響を与えうる」

イエレン米財務長官
「日米は世界的な食糧安保問題に取り組む」
「米国の見解ではG7諸国の為替相場は市場で決定」
「円買い支え介入の可能性は議論せず」
「外為市場介入はまれで例外的な場合のみ正当化される」
足元の円下落、金利差で説明できる範疇を超えており投機的な動

日米財務相共同声明
「ロシア侵攻による経済的な影響が為替相場の変動高めており、経済・金融の安定に対し悪影響与えうる」
「G7・G20のコミットメントに沿って引き続き為替市場に関して緊密に協議し為替問題で適切に協力」
「適切な場合にはプライスキャップの実現可能性含めエネルギー価格の上昇抑制する方策を引き続き探求するG7の取り組みを歓迎」

鈴木財務相
為替について日本の立場を説明して、イエレン氏に理解して頂い
「日米がより一層絆強め、難題解決に中心的役割果たすことで合意

バーキン米リッチモンド連銀総裁
「インフレ率は下がると予想しているが、すぐにまたは予測どおりには下がらないだろう」
「FRBの政策変更のペースは市場を低迷させている可能性」
「商品価格の下落もインフレとの戦いに役立つだろう」

ベイリー英中銀(BOE)総裁
0.25%の利上げ以外の選択肢がテーブルにある
「インフレ持続の証拠があれば、我々は力強く行動する」
「インフレは来年、急速に下がるだろう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND