7月15日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 7月15日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2019年7月16日

7月15日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

 

・東京市場休場

・中国GDPが1992年以降で最低

・トランプ米大統領はロス米商務長官の交代を考えていると報道

・トランプ大統領に続き、米財務省もリブラ(Facebookの仮想通貨)を非常に懸念と発言

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


7月16日6:00時点

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

7月16日6:00時点

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

エルドアン・トルコ大統領
我々は金利を著しく引き下げるだろう
「S400の搬送は2020年春までに完了する」

中国外務省
台湾に対しての武器売却に関わっている米国企業には制裁を与え

独経済省
通商摩擦、ブレグジットの行方、地政学上の緊張など、相当なダウンサイドリスクがある
「第2四半期は弱い経済トレンドだが、外部的な環境が落ち着けば経済の上昇はより高くなる」
「最近の指標はサービス部門で遅い成長を示している」

独経済省月報
「第2四半期の経済トレンド、総じて弱い」
「外部環境が落ち着けば、景気は再び上向きへ」

トランプ米大統領
「中国の第2四半期のGDPは27年以上に渡って最低だった」
主に米国が中国に課した関税が、企業が中国から去って関税が課されていない国へと移っているのが影響している
何千もの企業が(中国から)去っている。だから中国は我々と交渉を締結したがっている

ムニューシン米財務長官
「米財務省はリブラ(Facebookの仮想通貨)を非常に懸念している」

ジョンソン前英外相
「次の総選挙は2022年より前にならないだろう」
「英は関税同盟と単一市場の離脱が必要」

 

 

 

RECOMMEND