7月18日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 7月18日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2019年7月19日

7月18日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

 

・米国がイラン無人機ドローンを撃墜

・イランがホルムズ海峡で外国タンカー拿捕

・トルコF35納入問題でロシア戦闘機納入検討

・欧州中央銀行(ECB)は物価目標の修正を検討

・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁発言で0.5%利下げの可能性上昇

・英下院で合意なき離脱の阻止を目指す法案可決

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 


7月19日6:00時点

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

7月19日6:00時点

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

麻生太郎財務相
リブラ(Facebookの仮想通貨)の信頼性を精査する必要がある

トルコ外務省
(米がトルコをF35プログラムから排除するという決定に対して
両国関係に取り返しの付かないダメージを与える
米のF35売却凍結は不当

 

ストルテンベルグ北大西洋条約機構(NATO)事務総長
トルコはNATOの重要なメンバーのまま
トルコが米最新鋭ステルス戦闘機F35を取得できないことは“良くない事”

ディマイオ伊副首相(五つ星運動党首)
連立政権は維持される

サルビーニ伊副首相(同盟党首)
連立は維持するも、夏以後に解散総選挙を実施する可能性は残る

ビルロワドガロー仏中銀総裁
「世界経済の減速は明白」
「G7は仮想通貨リブラへの警戒で一致」
「中央銀行は減速に備えた対応を行っている」

ムニューシン米財務長官
「米国の通貨政策は今のところ変化していない」

黒田日銀総裁
「粘り強く強力な金融緩和を継続していく」

クガニャゴ南アフリカ準備銀行(SARB)総裁
「インフレ期待は引き続き緩やか」
「ランドは若干過小評価されている」
「政策の決定は全会一致」
「さらなる決定はデータ次第」
「0.50%の利下げについて議論しなかった」

ブラード米セントルイス連銀総裁
2、3回の利下げでイールドカーブが上向く公算

ボスティック米アトランタ連銀総裁
「逆イールドによる警戒シグナルを重要視せず」

ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁
大惨事を待つよりも予防的なアプローチをとるほうが良い
現在、米国の中立金利は0.5%程度と予測
金利がゼロ近辺の時は迅速に追加の金融緩和に踏み切る必要

トランプ米大統領
「現時点では対トルコ経済制裁はないだろう」
米海軍が防衛のため、イラン無人機を撃墜

クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長
「米経済は良いところにあるが不確実性は増した」
米経済成長を継続させるため適切に行動する
データが変わるまで待つ必要はない

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND