7月20日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 7月20日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年7月21日

7月20日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・6月のカナダ消費者物価指数(CPI)が前月比+0.7%、前年比+8.1%と市場予想を下回る結果となったことが材料視され、ドル/カナダドルは1.2907カナダドル、カナダドル円は106.98円までカナダドル安となった

・プーチン露大統領は欧州に天然ガスを供給するパイプライン「ノルドストリーム1」について、「カナダで修理されたタービンがどのような状態で返却されるかは不明」として、「スイッチが切られていればガス供給は停止する可能性がある」との認識を示した

・イタリアでは複数の政党がドラギ首相の支持を拒否したと伝わり、連立政権を組む中道右派の「同盟」は、ベルルスコーニ元首相が率いる「フォルツァ・イタリア」と共に現政権を巡る信任投票を棄権する意向を示唆したことで、政権が崩壊し、早ければ秋にも解散総選挙となる可能性が高まった

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 


7月21日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 


7月21日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


7月21日6:00時点

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

ロウ豪中銀総裁
「6月CPIはインフレ加速を示す内容、年後半もさらなる高進見込む」
「生産性の伸び加速、中立金利の上昇を意味する可能性」
「インフレ率を即座に目標水準に戻す必要ない」
「インフレ率を2─3%に戻すためのしっかりした道筋を示す必要はある」
「名目ベースの中立金利は少なくとも2.50%、中期インフレ期待が上振れればこれより高い可能性」
「柔軟なインフレ目標は、正しいフレームワークとして広く受け入れられている」
「労働市場は非常にポジティブな状況であり、完全雇用も超えている」
「インフレが6%か7%に向かっているため利上げする必要がある
「ある時点で金利は2.5%の中立水準に戻る」

ドラギ伊首相
「連立政権は再建可能」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND