7月22日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 7月22日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2021年7月23日

7月22日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・欧州中央銀行(ECB)は理事会で予想通り金利・資産購入ともに据え置きを発表、先行きの政策指針である「フォワードガイダンス」を変更し、物価の一時的な上振れを容認、景気の下支えに向け大規模な金融緩和の継続を約束

・前週分の米新規失業保険申請件数が41.9万件と予想の35.0万件より弱い内容となり、米10年債利回りが低下に転じるとドル売りで反応

・週明けのリスクオフ姿勢が後退している中、原油先物は買い戻しが継続し、WTI原油価格は70ドル台を回復

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


7月23日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 

 7月23日6:00時点

 

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 

 ドルインデックス

 

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 

 銀価格チャート

 

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

材木価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

バイデン米大統領
「私の経済計画はインフレを長期的に抑制させる」
「ほとんどの専門家は、長期的なインフレが手に負えなくなる可能性は低いと考えている」
「米超党派インフラ投資法案を26日に再採決することを期待」

欧州中央銀行(ECB)
「必要に応じて全ての措置を調整する用意がある」
インフレの中期的な見通しは依然として目標をはるかに下回っている
インフレ率の予測が進展を示すまで、金利は現状かそれを下回る水準にとどまる

ラガルドECB総裁
「インフレは一時的に持ち直した」
「インフレ見通しは依然として低調」
経済は7-9月期の力強い成長に向けて順調に推移
来年の1-3月期には経済活動がコロナ前の水準を回復するだろ
「ユーロ圏の見通しへのリスクは概ね均衡している」
「長期のインフレ期待は目標を下回っている」
PEPPについては議論されなかった
「設備投資は持ち直しており、楽観的な兆しがある」
9月の経済見通しがECBの今後の政策に影響する
「インフレ率を意図的にオーバーシュートさせることはない」

南ア準備銀行(SARB)
「2021年の+4.2%と予想(前回+4.2%)」
「2022年の+2.3%と予想(前回+2.3%)」
「消費者物価指数(CPI)は2021年の平均は+4.3%と予想(前回+4.2%)、2022年は+4.2%(前回+4.4%)」
「コアCPIは2021年の平均は+2.9%と予想(前回+3.0%)、2022年は+3.7%(前回+4.0%)」
「短期的なインフレのリスクは上サイド」
「GDP見通しに下振れリスクが見られる」
「今後の金融政策はデータ次第」
「CPIの抑制により当面は低金利が維持される見込み」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND