7月28日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 7月28日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2021年7月29日

7月28日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・豪州最大都市のシドニーがあるニューサウスウェールズ州は4週間のロックダウンの延期を発表

・4-6月期豪消費者物価指数(CPI)が発表され、ほぼ市場予想通りの結果

・連邦公開市場委員会(FOMC)で市場予想通り政策金利の据え置きを決定

・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明では経済に対する評価をわずかに引き上げ、「ワクチン接種の進展により、経済活動と雇用の指標は引き続き上向いている」と指摘、「米経済が雇用とインフレに関するFRBの目標に向けて前進した」との認識を示したうえで、「委員会は今後の複数回の会合で引き続き進捗状況について評価する」と表明し、テーパリング開始に向けた議論が進んでいることを示唆

・パウエルFRB議長がFOMC後の定例記者会見で「労働市場の状況は引き続き改善したが、なお時間がかかる」「テーパリング時期はデータ次第」「利上げには程遠い」などと発言すると、米10年債利回りが低下に転じ、ドル売りが優勢となった

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


7月29日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 

 


7月29日6:00時点

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

S&P500日足チャート

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIXV指数チャート

 

 

 

 

 


WTIW原油価格チャート

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

材木価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

日銀金融政策決定会合における主な意見(7月15-16日分)
「当面、感染症拡大により経済の下押し圧力が高まるリスクがある。一方、ワクチンの普及が加速すれば、経済活動が想定以上に活発化する可能性もある」
「国際商品市況が上昇する中でも予想インフレ率に大きな変化はなく、『物価安定の目標』の達成には依然として力不足である」
「資源価格の上昇で消費者物価(除く生鮮食品)の前年比も上昇するが、2%の『物価安定の目標』の安定的達成には距離があり、時期尚早に金融を引き締めないことが重要である」
「金融政策の観点から気候変動問題に取り組むに当たっては、経済・物価への影響について、予断を持たずに、政策判断の基盤となる調査・研究の蓄積を進める必要がある」

ジョンソン英首相
「8月16日が自己隔離制限解除の予定日」
「自己隔離の制限により、英国の回復ペースに少し問題が生じたため、これが延長された場合に注意する必要」

米国務省
「ジュネーブで開催された米露の戦略的安定対話は専門的かつ実質的だった」
「9月末に正式な協議をすることでロシアと合意」

米連邦公開市場委員会(FOMC)声明
「FRBはこの厳しい局面で米経済を支援するためにあらゆる手段を行使し、雇用最大化と物価安定という目標を促進することに全力で取り組む」
ワクチン接種の進展により、経済活動と雇用の指標は強化され続けている
「パンデミックによって最も悪影響を受けたセクターは改善を示したが、完全には回復していない」
「インフレ率は上昇しており、主に一時的な要因を反映」
「経済および米国の家計や企業への信用の流れを支援するための政策措置を部分的に反映し、全体的な金融状況は引き続き緩和的だ」
「経済の道筋はウイルスの経過に依存し続けている」
「ワクチン接種の進展により、公衆衛生危機が経済に与える影響は引き続き減少する可能性があるが、経済見通しに対するリスクは残る」
「委員会は雇用最大化と長期的な2%のインフレ率の達成を目指す
「インフレ率がこの長期目標を継続的に下回っているため、委員会は当面、2%をやや上回る程度のインフレ率の達成を目指す」
「これによりインフレ率は時間とともに平均で2%になり、長期的なインフレ期待は2%にしっかりととどまる」
「これらの結果が達成されるまで、委員会は緩和的な金融政策の姿勢を維持すると予想する」
「昨年12月、委員会は最大雇用と物価安定の目標に向けてさらに著しい進展が見られるまで、FRBは引き続き米国債の保有を少なくとも月800億ドル、およびエージェンシーローン担保証券の保有を少なくとも月400億ドル増やした」
経済はこれらの目標に向けて進歩を遂げており、委員会は今後の会合で進展度合いを評価する
「これらの資産購入は、円滑な市場機能と緩和的な金融状況の促進を支援し、それによって家計や企業への信用の流れを支援する」
「金融政策の適切な姿勢を評価するに当たり、委員会は今後もたらされる経済見通しに関する情報の意味を引き続き監視する」
「もし委員会の目標の達成を妨げる可能性があるリスクが生じた場合、委員会は金融政策の姿勢を適切に調整する準備がある」
「委員会の評価は、公衆衛生に関連する情報、労働市場の状況、インフレ圧力、インフレ期待、金融と世界の動向を含む幅広い情報を考慮する」
「今回の決定は全会一致」

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
「ワクチンの進展や財政支援が経済に強力な支援を与えた」
「家計支出は急速なペースで拡大した」
「住宅セクターは引き続き非常に堅調、企業の設備投資は底堅い」
「労働市場の状況は引き続き改善したが、なお時間がかかる」
インフレ率は著しく上昇
今後数カ月は高止まりし、その後鈍化する見通し
インフレ率は引き続き長期目標を下回る見通し
「供給のボトルネックは予想よりも大規模」
「インフレは予想よりも長期化する可能性」
テーパリング時期はデータ次第
「債券購入の調整案をFOMCで精査した」
利上げには程遠い
「新たなレポ制度創設は市場に安全策を提供」
インフレは一時的
「インフレ率は目標を大幅に上回って推移」
「短期的なインフレリスクは上サイド」
「インフレを極めて注意深く監視している」
テーパリングの時期やペース・構成を巡り、初めて突っ込んだ討議をした
テーパリングの時期巡り決定しておらず、適切な時期については様々な見方がある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND