7月6日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 7月6日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年7月7日

7月6日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・フリアー英輸出担当相は辞任する意向を表明し、英BBCによると、英政権の複数の閣僚がジョンソン英首相に辞任を求めるように迫ろうとしていると報じられている。

・英政府の重鎮の一人であるマイケル・ゴーブ氏は、昨日ジョンソン英首相に辞任を迫っていたがジョンソン英首相は「ジョンソン英首相は閣僚に辞任の意向がないことを伝えた」

・ジョンソン英首相がレベリングアップ・住宅・コミュニティー相のゴーブ氏を解雇したと英国の各報道機関が報じている

・6月米サービス部門・総合PMI改定値が速報値から上方修正され、6月米ISM非製造業指数が55.3と予想の54.3を上回ったことからドル買いが進んだ

・米連邦準備理事会(FRB)がこの日公表した米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(6月14-15日分)では「7月会合では0.50%もしくは0.75%の利上げの可能性が高い」との見解が示され、今後のインフレ動向次第では「一段の制限的な政策があり得る」との認識で一致したことが明らかになったが、目新しい内容ではなかったことから反応は限定的

・エネルギー供給不安などを背景に欧州の景気後退(リセッション)懸念が強まる中でユーロを売る動きが継続し、市場では「欧州経済のリセッション入りを理由にユーロ売りを仕掛けたい市場参加者が多い」との声が聞かれ、ユーロドルは一時1.0162ドルと2002年12月以来およそ19年半ぶりの安値を更新

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


7月7日6:00時点

 

 

 

 

 


7月7日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


7月7日6:00時点

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 


CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

中国外務次官
「中国はロシアとの戦略的協調強化に前向き、G20など多国間の枠組みでの連携も強化へ」

ピル英中銀金融政策委員会(MPC)委員兼チーフエコノミスト
「必要であれば、引き締めを早めることも可能」
「インフレ目標を2%に戻すというMPCの 焦点を強調」
「現在のインフレは、非常に不満足な状況」
「引き締めのペースを今変える必要があるかどうかが当面の課題」
「利下げではなく、利上げの話をしている」

米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
「当局者はインフレ見通しが悪化したことに同意」
「多くの当局者はより高いインフレが定着する可能性が重大なリスクと判断」
「FRBの政策は当面、成長を減速させる可能性があると認識」
「いずれ一段の制限的な政策があり得る」
「7月に0.50%もしくは0.75%の利上げの可能性が高いと認識」
「6月14-15日時点では米GDPは第1四半期に減少した後、第2四半期に緩やかな回復と予想」
「労働市場は依然として非常にタイトだが、勢いが鈍化している兆候がいくつかあった」
「PCEで測定される消費者物価上昇率は4月も上昇したままであり、5月も依然として上昇していることが分かった」
「株価市場のボラティリティが高まる中、全体として大幅に下落した」
「6月FOMCのためにスタッフが作成した米経済活動予測は5月よりも低い軌道を示した」
「2022年下期および2023年のGDP成長予測を引き下げた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND