7月7日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 7月7日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年7月8日

7月7日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・ジョンソン英首相に対する不信感の高まりから閣僚をはじめ政権関係者が40人以上辞任するなか、英首相がついに辞任を計画との報道が伝わると英政局不安の後退からポンド買いで反応

・ロシア産天然ガス供給への不透明感が高まる中、天然ガス価格が上昇すると、エネルギー高が欧州の景気を一段と冷え込ませるとの警戒感が高まりユーロ売りが継続

・ロシアとカザフスタンを結ぶパイプラインが30日間の操業停止となったこともあり、3日ぶりに原油先物価格は反発

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


7月8日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 


7月8日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


7月8日6:00時点

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 


CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨(6月9日分)
「中期的なインフレ見通しの修正により、金融政策の正常化に向けてさらなる措置が必要」
「決意を示すことで信頼性を維持することが不可欠」
「金融政策の正常化が遅すぎる場合、金融政策は需要圧力を高めるリスク」
「成長率と雇用は、衝撃の中で驚くほど強固」
「過度で急速な利上げは市場の反応を過剰化させるリスク」
「7月の0.25%利上げを正当化する複数の要因がある」
「幾人かのメンバーは7月にもっと大きな利上げ幅を望んでいる」

ジョンソン英首相
「新指導者選出まで暫定首相としてとどまる」

マン英中銀金融政策委員会(MPC)委員
「英国は1年間にわたって非常に高いインフレ期待が見込まれる」
「中期的なインフレ期待は英国と米国で上昇している」
「必要に応じてより速いペースの引き締めを採用する準備がある」

メキシコ中銀議事要旨
「多くの委員は世界経済の成長見通しが下方修正されているとの意見」
「多くの委員は経済回復は2022年の第2四半期も継続されると予測」
「多くの委員は経済は回復途上だが、様々な労働市場のデータは改善していると同意」
「多くの委員は利上げの効果がどの程度時間を要するかに高い不確実性があるとの見解」
「多くの委員は食糧品価格の上昇と世界のコモディティインフレの重要性を指摘」

ウォラー米連邦準備理事会(FRB)理事
「インフレは高すぎる。下がっているようには見えない」
「利上げを前倒しし、大幅に引き上げる必要」
「私は7月に0.75%、9月にはおそらく0.50%の利上げを支持する」
「インフレを抑える必要がある」

ブラード米セントルイス連銀総裁
「ソフトランディング(軟着陸)のチャンスはある」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND