7月8日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 7月8日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2021年7月9日

7月8日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・東京都が4回目となる緊急事態宣言を発令するとの報道が伝わる中で日本の景気悪化懸念から半導体関連株や空運株を中心に売りが広がり、日経平均株価は一時240円超下落

・欧州中央銀行(ECB)は、1年半にわたる戦略見直しの結果、中期的なインフレ率目標を「2%」に変更すると発表、これまでの「2%に近いが、それを下回る水準」を改め、物価の一時的な上振れを容認し、気候変動に対する考慮を金融政策に加味することも発表

・新型コロナ変異種の感染拡大による世界景気の回復鈍化が懸念されて、景気敏感株や金融株を中心に売りが進み、ダウ平均は一時530ドル超下落する場面も、欧州を代表する株価指数のひとつユーロ・ストックス50指数は2%超急落、ナイト・セッションの日経平均先物は大証終値比670円安の2万7480円まで売られる場面があった

・世界的な株価下落によりリスクオフが進み、円やフランの買いが進み、資源国通貨は大幅下落、ドル円は一時109.53円と6月11日以来約1カ月ぶりの安値を記録

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


7月9日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 

 7月9日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 

 日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 

 

 銀価格チャート

 

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

材木価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

ロウ豪準備銀行(RBA)総裁
「持続的な2-3%のインフレには2024年までかかると予想」
利上げの条件はインフレの状況次第であり、期日ではない
債券買い入れの縮小は中銀の支援停止を意味するものではない
将来的な景気循環の中で量的緩和が必要となる可能性は高い
「マイナス金利は考えていない」

中国人民銀行副総裁
「一部の赤字輸出企業を支援するために、人民元レートを基本的に安定させる」
「輸出企業を支援するために政策手段を適宜調整する」

スナク英財務相
「失業率は以前よりはるかに低い」
「私とジョンソン首相は国に対する同じ野望を抱いている」
「雇用と賃金を通して国民を支援することがベスト」

欧州中央銀行(ECB)
インフレ目標を2%に引き上げる
中期で対称的な2%のインフレ目標を採用する
「7月22日の会合から新戦略の適用を開始する」
「金融政策に気候変動に対する考慮を加味する」
インフレ目標2%からの乖離は容認する
インフレ目標2%からの上下の乖離は望ましくない

ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
「全会一致で戦略を承認」
「新たな目標は明白であり、対話が容易」
インフレ目標2%は上限ではない

ホワイトハウス
「日本政府はオリンピックを実施するために必要な公衆衛生上の措置を講じている」
「大統領夫人がオリンピック開会式に出席するかはまだ検討中」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND