8月12日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 8月12日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年8月13日

8月12日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・8月米消費者態度指数(ミシガン大調べ)速報値が55.1と予想の52.5を上回ったことが分かるとドル円は133.87円付近まで再び強含んだものの、日通し高値133.89円には届かず

・5-10年先のインフレ期待は3%(前月2.9%)に若干上昇した一方、1年先のインフレ期待は2月以来の低水準となる5%(同5.2%)に下がった

・今週発表の米インフレ指標が下振れしたことで、米インフレがピークアウトしたとの見方が広がり、FRBの利上げ減速期待が高まったことで消費関連銘柄やハイテク株が買われ、相場を押し上げ、8月米消費者態度指数速報値が予想を上回ったことも投資家心理の改善につながり米国株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸し、5月4日以来約3カ月ぶりの高値となった

・ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は大幅反発し、4月21日以来約4カ月ぶりの高値で取引を終了

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


8月13日6:00時点

 

 

 

 

 


8月13日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


8月13日6:00時点

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎IMM通貨先物ポジション

 

 

FOREX WATCHER 参照

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

デイリー米サンフランシスコ連銀総裁
「インフレ率は高すぎで、低下するのを見る必要がある」
「インフレは改善しているが、勝利とは言えない」
9月は50bp引き上げが基本ケース
「雇用市場をひっくり返したくないので、50bp引き上げが道理にかなう」
データ次第で75bp引き上げにもオープン
「インフレ改善のヘッドフェイクに陥りたくない」
「経済における最も重要なリスクは高すぎるインフレ」
「景気後退へのリスクはほど遠い」
「景気減速、インフレ率の低下を望むが、景気後退は避けたい」
「1つのCPIだけを見て判断したくない」

バーキン米リッチモンド連銀総裁
「当面の間、インフレ率が目標に達することを望む」
「経済は根本的に健全」
今週のインフレデータを歓迎
「短期金利が景気抑制領域に入ることを確認したい」
「景気抑制領域に入るにはまだ距離がある」
「すべての不況が大不況のようであるとは限らない」
「需要は確実に軟化している」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND