8月18日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 8月18日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2021年8月19日

8月18日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・ニュージーランド準備銀行(RBNZ)は金融政策委員会(MPC)後、政策金利を市場予想の0.50%への引き上げに反し、0.25%に据え置き、オアRBNZ総裁が「金融刺激策を継続する必要性は低い」「利上げが明らかな方向性」などの見解を示した

・7月カナダ消費者物価指数(CPI)が市場予想を上回る結果となったことを受け、米ドルカナダドルは一時1.2598カナダドルの安値まで米ドル安・カナダドル高が進行したがカナダドル買いでの反応は長続きしなかった

・FOMC議事要旨では「大半の当局者は経済が予想通り幅広く発展するなら年内のテーパリング開始が適切と指摘した」「幾人かの当局者はさらなる進歩は十分に満たされていないとして、2022年初めのテーパリング開始が適切と指摘した」ことが明らかになった

・年内のテーパリング開始が示され、金融緩和政策の縮小を警戒し、ダウ平均株価は一時400ドル近く下落

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


8月19日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


8月19日6:00時点

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

材木価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
「データを綿密に監視して、高インフレが一時的なものかどうかを確認する」
「FRBは必要ならインフレと戦うために金利を引き上げる」

NZ準備銀行(RBNZ)
(ロックダウン下でも)政策金利発表時間に変更はなし

ニュージーランド準備銀行(RBNZ)声明
今回の決定は新型コロナウイルス発生に伴う政府の経済制限に関連している
「インフレ期待を固定し、最大の持続可能な雇用に貢献し続けるために、金融刺激策のレベルをさらに下げることであることで同意」
ロックダウンという不確実性が高まっていることを考慮して政策金利を変更しないことで合意
「短期的には、原油高などの一時的な物価上昇や、供給不足や輸送コストの上昇などの一時的な要因により、インフレ圧力の拡大が強まっている」
「短期的なインフレは2022年半ばに目標範囲を超えると予想」
政策金利見通しとして、2021年12月時点では0.6%

オア・ニュージーランド準備銀行(RBNZ)総裁
『今のところは』政策金利を0.25%に維持する
「ロックダウンは懸念されるが、昨年よりは懸念していない」
「経済のモメンタムを維持するには良い状況にある」
「金融刺激策を継続する必要性は低い」
利上げが明らかな方向性
「我々の決定は金融刺激を縮小するため」

ロバートソン・ニュージーランド(NZ)財務相
「経済回復に自信」
「NZ準備銀行(RBNZ)は意図して強力なシグナルを送った」
「財政的な余裕があり、追加の借入の必要はない」
「長期の新型コロナウイルス拡大は予測していない」

ロシア外務省
「(アフガニスタンの全土を掌握した)タリバンの最初の声明は、今後の交渉への希望に繋がる」

米下院外交委員会のミークス委員長(民主党)
「米国人や同盟国の人々の避難のために必要であれば、アフガン撤退期限の8月31日以降も米軍は留まるべき」

ブラード米セントルイス連銀総裁
「FRBはインフレショックを考慮する必要がある」
「22年を通してインフレ率は2.5%と見ているが更に高くなるリスクもあり、そうなればFRBはインフレ抑制モードに入るだろう」
「最近の米指標は弱めだが、それでも今年は7%、22年には4%と非常に堅調な成長を見込んでいる」
「22年第1四半期までにテーパリングを完了させ、必要に応じて利上げのオプションも考えるべき」

米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
「FRBは今後の会合でテーパリング見通しを評価する」
「当局者は最近の物価上昇が一時的である可能性が高いと評価」
「テーパリング決定は利上げに関連せず」
「FRBは一部で予想外に強いインフレを確認」
「見通しに高レベルの不確実性を確認」
一部の当局者は金融安定リスクの高まりを指摘
「一部の当局者は暗号資産(仮想通貨)取引のリスクを懸念」
今年、テーパリング開始は適切である可能性
一部の当局者は比較的早期のテーパリング準備が賢明と指摘
「デルタ株が予想より悪化すれば、幾人かの当局者は見解を変更」

エルドアン・トルコ大統領
「(アフガニスタンを占領した)タリバンの穏健的な声明を歓迎し、協力に前向き」
「カブール空港のセキュリティ維持を依然として目指している」
「アラブ首長国連邦(UAE)は大規模なトルコ投資を考えている

国際通貨基金(IMF)
「アフガニスタンは特別引出権(SDR)を入手できないだろう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND