8月29日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 8月29日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2019年8月30日

8月29日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・中国の対米追加関税の内容が出てくるも、9月の閣僚級貿易通商協議に前向きな姿勢でリスクオン

・ラガルド次期ECB総裁がハト派姿勢を示したことでユーロ下落、その後オランダ中銀総裁がQE否定的発言でユーロ下落調整

・リスクオンで欧米株が堅調

・ドル買いが進み、ドルインデックスがレンジ上限

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


8月29日6:00時点

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

8月29日6:00時点

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

ムニューシン米財務長官
「超長期債の発行を真剣に検討」
米国は当面、ドルに関して介入する意思はない

デイリー米サンフランシスコ連銀総裁
「FRBは低インフレで一段の雇用増を求めることが出来る」
経済が向かい風に直面していることもあり、金融政策については現在『様子見』姿勢をとっている
米経済は成長しているものの、不確実性は高い
「政策当局者として政治的問題を考慮することはない」

鈴木日銀審議委員
「具体的な追加緩和措置を講じる場合、効果と副作用を比較衡量しながら適切に対応する」
「国内経済は景気後退を示唆するような状況にはない」
「長期金利の具体的範囲を過度に厳格に捉える必要はない」
「現時点で追加緩和は必要ない」

リースモグ英保守党議員(離脱派)
合意なきブレグジットに反対する議員には、政府を変えるか、法改正を行うかの2つの選択肢がある
「法改正には時間がかかり、足りない」

中国商務省
米中は有益な関係
「貿易衝突は中国、米国、世界にとって良くない」
「新たな制裁に対応する十分な報復手段がある」
「米中は9月の訪米で議論している」

マクドネル労働党議員(影の財務相)
不信任投票の要求について依然オープン

ラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事(EU議会への書簡で)
「ECBの政策金利は下限に達していない」

トランプ米大統領
本日、中国について異なるレベルでの協議を予定

クノット・オランダ中銀総裁
現時点では量的緩和(QE)再開の必要はない

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND