8月30日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 8月30日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年8月31日

8月30日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・8月米消費者信頼感指数が103.2と予想の97.9を大幅に上回ったことが伝わると、米10年債利回りが一時3.1493%前後と6月29日以来約2カ月ぶりの高水準を記録しドル買いが優勢

・一部のECB政策委員会メンバーからは「記録的な高インフレに対処するため、来月8日の理事会で通常の3倍に当たる0.75%の利上げについて議論すべき」との声が上がりユーロ買いが進んだ

・FRBやECBの大幅利上げ観測が高まるなか、世界的な景気減速への懸念が強まり、WTI原油先物価格が一時6%超下落すると、産油国通貨であるカナダドルに売りが集まった

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


8月31日6:00時点

 

 

 

 

 

 


8月31日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


8月31日6:00時点

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
「パウエル議長のジャクソンホールでのスピーチがどのように受け止められたかを見て満足」
「株式市場の下落はFRBがインフレ対策に真剣に取り組んでいるというメッセージを投資家が受け取ったことを示している」

鈴木財務相
「為替の動きは時々の状況に応じて変わる、ファンダメンタルズで決まっていく」
「金融政策は日銀の独立性を尊重する」

レーン欧州中央銀行(ECB)専務理事兼チーフ・エコノミスト
金利を段階的に引き上げる必要
「下期は需要の減少が予想される」
「あらゆる経済分析がユーロ圏の景気減速を示唆しているが、一時的な景気後退を排除していない」
「ユーロ圏の経済は数週間縮小する可能性」

露大統領府
「ロシアはガス輸出に関する義務を履行する用意がある」
「ノルドストリーム・ガスパイプラインの3日間のメンテナンス、制裁によるテクニカルな問題以外にガス輸出を妨げるものはない」
「西側の対ロ制裁はメンテナンスを妨げている」

バスレ・スロベニア中銀総裁
「インフレはピークに達しておらず、2023年前半に緩和される
「インフレはより持続的で広範」

クノット・オランダ中銀総裁
APP再投資について今年後半に議論されることを期待
「高止まりするインフレという深刻な問題に力強く取り組む必要」
「金利の迅速な正常化は不可欠な第一段階」
「インフレにはいくつかの上昇リスクがある」
「今年後半の景気減速は不可避」
「インフレは来年も目標を大幅に上回る可能性」
0.75%利上げに傾いているが、議論する余地はある
バランスシートは今年後半に議論すべき

バーキン米リッチモンド連銀総裁
「金利に敏感なセクターで減速が見られる」
インフレが予測通りに低下するとは思わない
「戦後のようなインフレに直面している」
「経済において低需要の始まりがみられる」
「金融政策の効果には遅れがある」
FRBは労働市場ではなく、インフレ抑制に重点を置いている

ルメール仏財務相
「利用可能なガスが少ない中、厳しい冬に備える必要がある」
「仏成長は堅調で2022年は引き続き2.5%成長が可能」
「ロシアからのガス供給が削減された場合、経済成長を危険にさらす可能性」

ミュラー・エストニア中銀総裁
ECBは9月理事会で0.75%の利上げについて議論するべき

ボスティック米アトランタ連銀総裁
インフレ鈍化は利上げペースを緩める理由になる可能性
「FRBは政策の不確実性を作りたくない」

ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁
インフレは依然として高過ぎる
我々の焦点は高過ぎるインフレ率を引き下げることにある
「次回の会合での決定は全体的なデータ次第」
「長期的には中立的な水準よりも高い金利を設定する必要がある」

ストゥルナラス・ギリシャ中銀総裁
「インフレは今年ピークを迎えるだろう」
「インフレ率は2023年に減速し、2024年には目標に向かって収束する見込み」

ナーゲル独連銀総裁
ECBは信頼性を維持するために断固として行動しなければならない
「インフレは自然に目標に戻ることはない」
ECBは景気後退の恐れから利上げを遅らせるべきではない
「利上げの前倒しにより、痛みを伴う景気後退のリスクは軽減」
ターミナルレート(利上げの最終地点)はまだ不明

ウンシュ・ベルギー中銀総裁
「ユーロ圏はテクニカルリセッション(景気後退)の可能性」
「金利を制限的な水準に迅速に引き上げる必要」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND