8月7日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 8月7日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2020年8月9日

8月7日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・エリス豪準備銀行(RBA)総裁補佐やRBA四半期金融政策報告で経済見通しに対する悲観的な見解

・トランプ米大統領がカナダから輸入しているアルミニウムの一部に10%の追加関税を課すと発表

・トルコ金融市場の脆弱性を嫌気した投資家のリラを手放す動きは止まらず、連日対ドル・対円で最安値更新の動き

・トルコ中銀が金融市場安定のため、マネーマーケットで中銀と直接取引ができるプライマリーディーラーに対し、流動性供給枠の拡大を発表するとリラ売りが一服

・7月の米雇用統計は、非農業部門雇用者が予想を上回る+176.3万人となり、同失業率は10.2%と予想や前月より強い結果

・クドロー米国家経済会議(NEC)委員長が新型コロナウイルス追加経済対策を巡る米与野党協議が難航していることを示唆

・トランプ米政権が香港政府トップらに制裁を科すと発表

・国家安全保障に深刻な脅威をもたらす恐れがあるとして、中国企業が運営する短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」と対話アプリ「微信(ウィーチャット)」に関わる取引を禁じる大統領令に署名

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


8月8日6:00時点

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

8月8日6:00時点

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 S&P500日足チャート

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

◎IMM通貨先物ポジション

 

 

FOREX WATCHER参照

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

フリーランド・カナダ副首相
米国の関税に対し、カナダは早急に対抗措置を取る
(米国がカナダから輸入するアルミニウムに対し10%の関税賦課は)正当化されず受け入れられない
「カナダのアルミニウムが米経済の脅威であるという考えは馬鹿げている」
米の課したアルミニウム関税と同等の報復関税を課す
「状況を悪化させたくないが、引き下がることはできない」
「報復関税を課す前の30日間、産業界などと検討する」

ムニューシン米財務長官
「(追加経済対策について)交渉は多くの点で合意に近付いている、トランプ大統領の第一の選択は合意すること」
「話し合いはまだ終わっていない。ホワイトハウスは失業給付金の増加や強制立ち退きに関し妥協案を提出した」
「金曜日に残りの相違点を少なくするように交渉する」
「トランプ米大統領に追加経済対策での大統領令を提言する」

カナダ政府
米国がカナダに課すアルミニウムの対抗策を金曜東部時間11時(日本時間0時)に発表する」

トランプ米大統領
(TIKTOKの脅威に対するため大統領令を発令することで)
米国の安全を守るために、TIKTOKのオーナーに強い措置を取る必要がある
TIKTOKは中国共産党に利益を与える虚偽キャンペーンに利用されるかもしれない

 

豪準備銀行(RBA)議事要旨

「完全雇用とインフレ目標の達成に向けて進捗するまで金利の引き上げはない」

「必要に応じて流通市場でさらに債券を買い入れる可能性がある」

「2020年12月のGDP見通しはマイナス6%」

「2020年12月の失業率見通しは10%」

「2020年12月のCPI見通しは1.25%」

「豪経済の回復ペースは当初の想定よりも遅い見込み」

「マイナス金利導入の可能性は依然として極めて低い」

 

豪準備銀行(RBA)四半期金融政策報告

完全雇用とインフレ目標の達成に向けて進捗するまで金利の引き上げはない

必要に応じて流通市場でさらに債券を買い入れる可能性がある

「2020年12月のGDP見通しはマイナス6%」

「2020年12月の失業率見通しは10%」

「2020年12月のCPI見通しは1.25%」

豪経済の回復ペースは当初の想定よりも遅い見込み

マイナス金利導入の可能性は依然として極めて低い

エリス豪中銀総裁補
国境は少なくとも来年中盤まで閉鎖すると思われる
経済の回復はより遅くなり、雇用の改善も緩やかになると思う
「金融政策と税制政策を協力して行う必要がある」
必要な限り緩和政策を維持する
「失業率が示唆する以上に失業者は多い」
豪州の多くの企業が投資計画を保留

中国政府
「TikTok(ティックトック)や微信(ウィーチャット)は、米国法や国際的な規則を遵守している」

ラムスデンBOE(イングランド銀行)副総裁
「我々はマイナス金利に関して前向きに検討しているわけではない

エルドアン・トルコ大統領
「トルコリラ相場は、いずれ安定すると信じている」

クドロー米国家経済会議(NEC)委員長
「新型コロナウイルス追加経済対策を巡る米与野党協議はあまり進展していないようだ」

米財務省
香港の行政長官を含む、11人の中国や香港政府高官に制裁を科

S&Pグローバル
トルコが利上げを避けることは非常に難しくなるだろう
外貨準備高の減少で、トルコ中銀は今後より多くの外貨を売ることはできないだろう

シューマー米上院院内総務(民主党)
「追加対策を巡る協議には失望」

 

 

 

RECOMMEND