9月15日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 9月15日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2021年9月16日

9月15日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・中国政府が銀行に話した内容として「債務を巡る懸念が高まっている中国の不動産開発大手・中国恒大集団が今月20日期限の利払いはしない」と一部報道で伝わると、デフォルトへの警戒感から中国株下落、リスクオフから円高が進んだ

・9月米NY連銀製造業景気指数が34.3と市場予想18.0を大きく上回ったことが分かると、一時1.25%後半まで低下した米10年債利回りが1.28%台を回復したことも支えとなりドル買いで反応

・8月カナダ消費者物価指数(CPI)が予想を上回ったことを受けてカナダドルが上昇、原油先物相場の大幅上昇を背景に、産油国通貨とされるカナダドルに買いが入った面もあった

・ジョンソン英首相の内閣改造への期待からポンドは底堅く推移

・ハリケーン「アイダ」による被害で石油関連施設の操業が続いていることや、ハリケーン「ニコラス」が勢力を強めていることで原油先物は堅調な地合いを維持し、4日続伸して引けた。本日発表された米エネルギー省(EIA)週間の石油在庫が大幅に取り崩されたことから原油価格上昇

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


9月16日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 

 


9月16日6:00時点

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

材木価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

バイデン米大統領
「習近平・中国国家主席が対面会談提案を合意しなかったという報道は誤り」

中国政府
中国恒大は、今月20日期限の利払いはしない

米軍
「北朝鮮の直近のミサイル発射、米国や同盟国への差し迫った脅威にはならず」

ジャビド英保険相
「インフレの上昇は一時的なものだと考えている」

デコス・スペイン中銀総裁
「インフレの上昇圧力が持続した場合、ECBには対処する方法がある」
「インフレ動向を注視する」
「今のところ、インフレ影響の第2波は見られない」

黒田東彦日銀総裁
「日本経済、依然として深刻な状況」
「日本のインフレ、一時的な要因を除けばわずかにプ明日」

トルドー加首相
(8月CPIの結果について)カナダはパンデミックから回復している

レーン欧州中央銀行(ECB)専務理事兼チーフ・エコノミスト
PEPPの額はECBの金融政策スタンスの指標ではない
「イールドカーブは依然として低い」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND