9月16日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 9月16日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年9月17日

9月16日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎本日の注目点

 

・8月の英小売売上高がヘッドラインと変動幅の大きい自動車燃料を除く結果がともに、市場予想を大幅に下回ったことでポンドの売りが優勢となり、対ドルでは7日に付けた安値や1.1400ドル手前では買い支えられる場面もあったが、大台を割り込むと1985年3月以来となる1.1351ドルまで大幅に下げ幅を広げた

・ユーロポンドも昨年2月以来となる0.8766ポンドまでポンド安・ユーロ高が進行

・米ミシガン大学が発表した9月消費者態度指数(速報値)が59.5と予想の60.0を下回り、消費者の期待インフレ率は1年先が4.6%と昨年9月以来の低水準を付けたほか、5年先が2.8%と予想の2.9%を下回り昨年7月以来最低を更新したことが分かると全般ドル売りが活発化

・9月消費者態度指数(速報値)の結果を受けてシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループがFF金利先物の動向に基づき算出する「フェドウオッチ」によると、1.00%の利上げ確率は一時15%近辺まで低下

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


9月17日6:00時点

 

 

 

 

 

 


9月17日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 


9月17日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎IMM通貨先物ポジション

 

 

FOREX WATCHER 参照

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

ロウRBA総裁
「インフレの上昇を歓迎しない」
「インフレを確実に目標まで戻す必要がある」
「中期的なインフレ期待は依然として抑制されている」
「高水準のインフレが定着しないように必要なことを行う」
「インフレ率を目標に戻すにはさらなる引き上げが必要であると予想」
「ある時点で金利の上昇速度を緩めることが適切となる」
次回の会合では25bpか50bpの利上げが議論されるだろう
ある時点で50bpの利上げが不要になるが、その段階に近づいている

鈴木財務相
※為替相場の円安について
「最近の市場は投機的動き背景に一方的な動きみられ、過度な変動を憂慮」
「動きが継続すればあらゆる措置排除せず、為替市場で必要な対応
プラス・マイナス両面あり、一概に言えない=為替円安で

デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁
「金融政策の正常化を継続する必要」
「必要なら市場分断化防止措置(TPI)を活用する準備」
ECBは為替レートを注視している
ユーロ下落のトレンドが早く反転することを望む
「利上げは今後数カ月継続する可能性」

レーン欧州中央銀行(ECB)専務理事兼チーフ・エコノミスト
「ユーロ圏のリセッションリスクは高まっている」
更なる利上げが想定される

ナビウリナ・ロシア中銀総裁
「利下げサイクルは終わりに近づいている」
「今会合では0.25-0.50%の利下げを議論した」
「次の段階では利上げも利下げもあり得る」

プーチン露大統領
「今後、ウクライナに対する攻撃はより深刻になる可能性」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND