9月29日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 9月29日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2021年9月30日

9月29日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・自民党総裁選が岸田氏と河野氏による決選投票に持ち込まれることが明らかになると、日経平均株価が一時下げ幅を拡大

・自民党の新総裁は岸田文雄氏を選出

・月末・期末に向けてのドル需要が高まりドル買い先行

・英国で燃料不足が深刻化している問題を受けて、英経済の回復鈍化に懸念が広がっていることもポンドの重しとなりポンド売り・ドル買いが進行

・石油輸出国機構(OPEC)プラスは来週の会合で減産の縮小幅を維持する可能性が高いことが報じられ、原油価格の下支えとなった

・為替相場でドルが全面高となり、割高感がでたドル建て金に対する売り圧力が強まった

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


9月30日6:00時点

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


9月30日6:00時点

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

ブラード米セントルイス連銀総裁
「労働市場はひっ迫し、人材確保が難しいとの声が出ている」
「今年の米国のGDP成長率は5.8%と予測」
「2022年の成長率は4.5%と予測」

中国国家外貨管理局(SAFE)
「インターバンクでの通貨取引の管理を強化する」

マクルーフ・アイルランド中銀総裁
「経済見通しには楽観的」
「インフレが定着するならECBは対応する準備をすべき」

岸田文雄・自民党総裁
年内に数十兆円の経済対策を打ち出す
「幅広い国民の所得、給与を引き上げる経済政策をとる」

ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁
2022年遅くから2023年初頭まで利上げを予想しない
「サプライチェーン問題やウイルス感染で下サイドのリスクが増している」
「2022年のインフレは2%を若干超え、2023年は2%前後を予想」
「2021年のGDPは+6.5%前後、2022年が+3.5%、2023年が2.5%と予想」
11月のテーパリング開始を支持する

シューマー米上院院内総務(民主党)
「上院は資金を提供し、政府機関の閉鎖を回避するため早ければ本日行動を起こす可能性」

黒田東彦日銀総裁
「日本経済は徐々に上向いている」
「輸出は堅調」
「消費は依然として極めて弱い」
「日本経済は来年約4%成長の見込み」

ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
「ユーロ圏は年末には危機前の水準まで戻すだろう」
「ECBはインフレ期待を極めて注意深く監視」
「現在のインフレ高進が広く波及すると考える理由はない」

ベイリー英中銀(BOE)総裁
「英国の回復は不均一」
「供給ショックは一時的」
「期待インフレ率を注視」

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
「見通しは中期的にはかなり前向きだが、非常に不透明」
「供給サイドの制約が現時点では経済を抑制」
「米国の家計と企業のバランスシートは非常に強力」
「供給面の制約によるインフレは予想以上に長期化する可能性」
「2022年の成長は非常に堅調。トレンドを大きく上回るだろう
「インフレが予想よりも高いままであれば、FRBは対応する」
「FRBの利上げまでには非常に遠い」
「FRBは慎重に正常化過程に取り組んでいる」

ペロシ米下院議長(米民主党)
「米下院は本日、連邦債務上限を巡る採決を実施へ」

デイリー米サンフランシスコ連銀総裁
「年内のテーパリング開始を予想」
「利上げまでの道のりは長い」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND