9月30日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 9月30日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年10月2日

9月30日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・8月米PCEデフレーターは、前年同月比+6.3%と発表され、予想の+6.0%を上回り、7月分は+6.3%から+6.4%へ上方修正された

・米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、トルコの格付けを「B+」から「B」に引き下げ、見通しは「安定的」とした

・米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、英国の格付け見通しを「ネガティブ」に変更した

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


10月1日6:00時点

 

 

 

 

 


10月1日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


10月1日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎IMM通貨先物ポジション

 

 

FOREX WATCHER 参照

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

デイリー米サンフランシスコ連銀総裁
「多くのことを行うと過度の引き締めにつながる可能性がある」
「十分な措置が取られたと示す兆候を監視する必要がある」
「経済を持続可能な経路に乗せるために利上げが必要」
「予想されるFRBの利上げは必要かつ適切」
「FRBの目標を達成するために深刻な景気後退を引き起こす必要はない」
年末までに4-4.5%・2023年は4.5-5%とする政策金利予想の中央値は妥当
「実際の金利動向はデータ次第」
利上げ後、少なくとも23年を通じて金利据え置き見込む
「インフレをさらに緩和する必要」
「予想される利上げはインフレ率を低下させる」
「追加利上げは正しい。どこまで引き上げるかはデータ次第」
「決まったコースはない」
「住宅市場が冷え込む中、利上げの恩恵が見え始めている」

プーチン露大統領
ロシアに新たな4つの地域が誕生した
本日、併合書類に署名する予定
「軍事作戦で倒れた人々はロシアの英雄」
「ロシアはソビエト連邦を復活させようとはしていない」
「交渉する用意がある」

ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)副議長
「FRBは早すぎる政策巻き戻し回避にコミット」
「政策金利はしばらくの間、抑制的な水準を維持する必要」
「現在のところ、FF金利のピークの予測には幅があり、不確実性が高い」

ビスコ・イタリア中銀総裁
「過度で急速な大幅利上げはリセッションのリスク」
「経済見通しの大幅な悪化が懸念材料」
「イタリアは危機の間、財政支出に慎重でなければならない」

クノット・オランダ中銀総裁
「インフレのため今後も利上げを継続する」

バーキン米リッチモンド連銀総裁
「インフレ圧力が緩和している有望な兆候はあるが、データに反映されるまでには時間がかかる可能性」
「FRBは金融引き締め政策を維持し、時期尚早に勝利宣言しないようにする」

バイデン米大統領
ノルドストリームのガス漏れは意図的な破壊工作

サリバン米大統領補佐官
ロシアによる西側諸国のインフラ攻撃の可能性を懸念している

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND